上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 知事選挙が始まっています。昨日はこくた恵二衆議院議員が応援に駆けつけ、メインはイオン西大津店前での宣伝。毎月11日にメモリアル宣伝を行っている場所です。地域のみなさんにも声をかけ、お買い物途中の方々も含めて73名の街頭演説会となりました。戦争する国づくり絶対許さない。国にものが言える政治家、坪田いくお候補を滋賀県知事に押し上げて県民の声を届けましょう。

 イオン前2  イオン前1



 
2014.06.30 Mon l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 4日に質問原稿提出しました。9~11日が質問日です。あとは中身を煮詰めて・・・と思うのですが、いつも提出するとほっとして・・・
 今回、私は10日の最後の予定。以下の4点の質問をします。
○来年度からはじまる「子ども子育て支援新制度について」
   国が出してきた内容を大津市としてどう受け止めるのか?なかなかまだ全容が見えてこないようですが。
○国民健康保険事業について
   安倍政権の国民いじめのもとでやっぱり値上げやめては切実です
○大津駅舎の今後の計画について
   3月末でお店も撤退し、県庁所在地の駅なのにさびしい限り。どうなるの?と市民からの声をしっかりうけとめて。
○医療的ケアの必要な障がい者の課題
   目が離せない重心の障がい本人や家族が当たり前の生活をするためには何が必要なのか。

 議員団で質問を分担し、市政の大事な課題(残業やめろって言ってもしごとがこなせるの?学力テストを初め教育問題をどう考えているのか?医療介護の大改悪に市民を守る立場でどう立ち向かっていくのか?副市長退任の受け止めと今後の市政のあり方など)を取り上げ、市長の政治姿勢を浮き彫りにできればと思います。ぜひ傍聴やネット視聴を(^o^)

2014.06.07 Sat l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 昨日は大津市国民健康保険運営協議会があり、2014年度の国保料が、承認されました。結果は最終決算が黒字となり、モデル世帯(所得200万夫婦と子ども一人)で8%アップが約5%アップという結果となりました。共産党議員団としてしっかりとこれをどうみるのか議論できていませんが、黒字分は必要経費をのぞいて保険料に引き下げに使われたことはやはり共産党や国保をよくする会が署名などで値上げするなの世論をひろげてきた成果だと思います。

 実際、値上げの上限を8%ということで2億円を一般会計から繰り入れてもらうという補正予算が組まれたので、黒字分のうちから2億円を一般会計に返すといったことも考えられたようですが、それをさせずに保険料の引き下げに使われたので、そこは一定評価するべきでしょう。

 しかし、私達が求めたのは一般会計からのさらなる繰り入れで、値上げをささないことでした。5%アップでもかなりの値上げです。低所得者には国の軽減制度が拡充されたこともあり、値下げになる所帯もあるとのことですが、そこに該当しない所帯はやはり値上げ幅は様々であれ値上げにかわりはありません。

 委員さんからは、この協議会での委員の意見がどれだけの影響力があるのか、市長に伝わっているのか、と、形骸化した協議会になることを心配されているようでした。よく勉強されている委員さんは、国保新聞や書籍、議員の出しているビラなども持参され、こう書いてあるがどうなのか?と聞かれていました。
 そして、国保をよくする会が街頭で配っていたビラも持っておられ、「一般会計には財政調整基金というものが45億ほどあるんですな。ここから1億でも2億でも使ってもらえればもっと保険料が引き下げられるのに。ほんとに生活が大変なんですよ。」と何度も言っておられました。会のみなさんや共産党議員団があちこちで街頭宣伝を行ってきたことが市民の皆さんに伝わっているんだ~と嬉しくなりました。
 
 この協議会をもって保険料は承認され、市長に報告、決裁の後6月の2日に告示、13日頃に各被保険者の元に通知されます。そのときにも多くの市民のみなさんから怒りの声や相談が寄せられるでしょう。その声をしっかりと受け止めて今後の運動に生かしていきたいと思います。
2014.05.17 Sat l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 14日に第二次集約で集まった署名を市長宛に届けました。坂本地域では診療所が中心となり、1000筆以上集まりました。茂呂副市長と部局の政策監と懇談、市民の声を届けました。
 署名を取っているこの期間にも診療所に保険証のない方がかけ込んでこられたこと、街頭署名では国保加入者でない若い方もたくさん署名してくださっていること、消費税が増税され本当にこれ以上保険料を上げられたら払えなくなることなどを訴えました。副市長からは、滞納者の生活実態を知る努力をしていること、保険料はできるだけ下げたいと思っているため、今年度の保険料は8%アップといっていたがもう少し値上げ率が下げられそうなことなど話されました。

 「シッコという映画ご存じですか?」との質問に副市長が、「知っています。日本は国民皆保険制度があるんだから保険証がない状態にならないようにしないと。」と。見ておられたこと、嬉しかった。
 引き続き、6月末までの期間、最後まで市民の声を届けるため頑張ります。

 国保署名提出
2014.05.17 Sat l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 昨年8月に第1回目、そしてこの4月に第2回目の生活保護基準の引き下げが行われました。生活保護基準の引き下げは、生活保護利用者だけでなく、これに連動する多くの低所得者の生活に影響を与えます。非課税世帯の基準、最低賃金、就学援助の基準・・・。弱いものいじめの制度改悪やめよと今、生活保護世帯の方と一緒に4月の保護決定の対して審査請求を行う取り組みを行っています。12日に大津市に提出しようと生活と健康を守る会のみなさんと訴えているところです。

 こうした運動の広がりと共産党議員の国会での論戦で、先日出された省令では口頭で申請ができないようにすることや扶養義務の強化に歯止めをかけることができました。

 今回、全国で1万人の審査請求を行おう!と呼びかけられています。弱いものを切り捨てても何とも思わない今の政治にイヤだ!反対!の声を大きく上げるときだと思います。今の政治の動き、社会保障改悪の中身を知れば知るほど怒りがわき起こってきます。ですから、学習が大切!と、会でも学習会を開き、私達も制度改悪の中身をしっかり伝える努力をしているところです。

 写真
2014.05.11 Sun l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。