FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
お仕事・生活実態調査アンケート特別編で、29日の午前3時まで民青同盟と共産党で24時間営業の店舗を訪問し、働く人たちの労働実態などお聞きしてきました。

私のグループは、おもにコンビニを中心に回りました。始めにいったお店はオーナーさんがいらして、「深夜はほとんど自分が入っている」と言われ、大変だなと思いましたが、それ以外の店ではアルバイト2人がほとんど。「店長さんはフランチャイズなので4店舗かけ持ちで、自分(アルバイト)も2店を行ったり来たりしている」と。夜中は酔っ払ってこられる方もおられるだろうし、トラブルは起こらないのかなと心配。賃金は安いけど、それより人手不足の解消を求めておられました。足りないときの穴埋めは社員さん。社員の方で「1日20時間、週に100時間働く」という方もおられびっくり。でも特に要望はないと・・・。「有休はきちんと取れていますか?」の質問に「わからない・・・」っていうのはもともと有給が何日かわかっておられないみたい。同じコンビニでも店によって時給が違ったり、実態が様々でした。深夜営業で大変な実態を突きつけ、日本で24時間営業を禁止するしくみを作ったらよいのではいう話になった店もありました。
 
オーナーさんには穀田けいじ衆議院議員の国会での「不当なコンビニ会計を改めよ」の質問内容を書いた資料をお渡ししました。何人かの方はそのことを知っておられ、「裁判にもなってますよね。頑張ってください」と言われ、結構知ってはるんだとうれしくなりました。思ったより断られることなく、4グループで29店舗から話を聞くことが出来ました。今回の調査は働きやすい労働条件作りを求めるひとつの材料になると思います。民青同盟の青年たちと中身をまとめ、皆さんにしっかり知らせていこうと思います。

コンビニ会計
2014.04.29 Tue l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gurorin.blog93.fc2.com/tb.php/861-7b6f6ec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。