上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 昨日は午前中は富士見市民センター新築工事が行われるにあたっての安全祈願祭と起工式に行ったあと、午後からは塚本議員と比叡平のやまのこひろばを訪問、2年目になった幼保一体化施設の保育の様子をお聞きしてきました。時差勤務なので、皆が受けられるよう何回もに分けて研修も行っておられるそうで、お忙しい中対応していただき感謝しています。

 1年たって、よかったところや課題もみえてきたのですこしづつ工夫・改善されている様子を聞かせてもらいました。参観日をとっても、仕事を持つ保育園の保護者と、少しでも子どもの様子を見たい幼稚園の保護者の思いに答えられるように日程・回数を考え、また子どもたちを通して山の子広場を知る保護者のみなさんが満足してもらえるような日頃の保育を見てもらいたいなど、工夫されていました。
 
 さすがだな~と思ったのは、今の夏休みは保育園の子どもだけになってしまうため、9月に幼稚園の子どもが帰ってきたときに保育園と幼稚園の子どもたちの集団が分かれてしまわないように夏休みはグループ編成をし直しておられたことです。保育園だけなら、この夏休みの時期にこそ、行事や取り組みを通して子どもたちの仲間意識を高めていく時であるのにこの時期にあえて夏休みだけの集団を編成するというのはこの山の子広場だからこそ行えたことで、先生方の発想の転換は素晴らしいなと思いました。

 国が考えている子ども・子育て新システムでは、子どもは長時間、短時間といった仕分けがされてしまいます。親の勤務時間の都合により、子どもの登園・降園時間も決められてしまえば、子どもの集団づくりや保育の中身が今まで通り行えるのかとても不安です。子どもを真ん中において、子どもの成長発達にとってどういった制度を作る必要があるのか、声大きく求めていきたいと思います。


    

      
2013.07.26 Fri l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gurorin.blog93.fc2.com/tb.php/798-c11d2c60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。