上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 昨日は私の所属する総務常任委員会があり、来年度の予算案の審議をおこないました。大きな問題点はなかったと思います。
 今日は1日教育厚生常任委員会の傍聴をしました。内容が盛りだくさんで終わったのは6時半頃でした。
 来年度から公立幼稚園2箇所で始まる就労型預かり保育については膳所と唐崎、それぞれ定員20名の枠が設けられましたが、今のところ膳所が4名、唐崎が9名という申し込みだとのこと。思ったより少ないが、問合せは毎日あるので、徐々に増えていくであろうとの説明でした。
 待機児童解消に大きな枠割りを果たすと思っていましたが、対象児が4,5才児ということで、子どもが4歳5歳になって新たに保護者が就労される場合、保育園はすでに定員いっぱいのことが多いので、そうしたご家庭が利用される場合が多いのかな~。
 大津市の場合、待機児童の年齢は0~5才児まで偏りがないと以前言われてましたが、そもそも緊急度の高い0~2才児の待機児童の解消にはならないのであって、この事業は幼稚園、保育園といった枠組みを超えて幼児教育全体の向上を目指す取り組みで、今後の公立幼稚園のあり方(子どもにとって地域で質の高い教育を持続させて公立幼稚園が生き残る方法)を考える大切な事業であると思います。
2013.03.07 Thu l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gurorin.blog93.fc2.com/tb.php/740-ac7e9fcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。