上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 石山にあるルネサス関西が、業績不振だと約2,000人の社員のうち約700人の希望退職者を募集、この10月末にも解雇が行われようとしています。
 解雇される労働者の中には多数の大津市民も含まれており、たちまち生活が大変になり、地域経済にも大きな影響があると考えられます。共産党市議団は、17日に大津市に申し入れを行い、対応を求めました。

 私が一番怒っているのは、企業立地推進条例に基づく工場建設等の補助金を、過去3年間で7,000万円も受けていながらこうした解雇を平気ですることです。しかも親会社であるNEC など三社の内部留保は4兆円を超えており、ルネサス自身も2,000億円もの内部留保を保有しています。補助金返せ!

 ・・・ということで、市民や労働者が将来不安を解消して安心して暮らすことができるよう、雇用と地域経済を守る積極的な市の対応を求め、以下の4点を申し入れました。(正式な文書は市議団のホームページを見てね。)


1.地域経済に深刻な影響を及ぼすルネサスの人員整理については、撤回・見直しの申し入れを行うこと。あくまでも強行するのであれば、市の補助認定の取り消しを行い、既交付分の返還を求めること。

2.今回の合理化の地域経済に及ぼす影響について、市として独自の調査を行うなどしてその影響を把握し、対策を検討すること。

3.現在県・市等が対策本部を設置して、再就職などの支援にあたっているが、企業として積極的に再就職先を確保する責任を果たすよう、取り組みを指導・要請すること。

4.大津市の企業立地補助制度のあり方について、中小企業支援など真に地域経済活性化に役立つものに限定するなど、抜本的に見直しを行うこと。

 産業観光部は、補助金返還や見直しについては、やはり、企業誘致を進める上で補助金は必要だと。やめると企業が来なくなり、地域経済が疲弊すると。全国で企業立地補助金がなくなるならべつやけど・・・。でも返還くらいはしてもらいたい。そしてルネサスの影響を受ける人たちが、どこにどれだけおられるのか、大津市も把握できないでいます。目に見えないところで倒産や雇用切りがおこなわれるでしょう。大津市も相談窓口を作ったといわれていましたが次の就職先が確保できるまで親身な対応を求めます。

   ルネサス1




  

 
2012.10.18 Thu l かけある記 l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

ルネサス関西石山工場
ルネサス関西石山工場は、かつては
関西日本電気という会社名でした。
日本の半導体産業は円高の影響か
採算割れで社員をリストラする会社が多い。
NHKのローカルニュースでも
取り上げられました。

2012.11.05 Mon l みのちゃん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gurorin.blog93.fc2.com/tb.php/712-ceabdc3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。