上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 経済懇談会や演説会のお誘いをかねて、昨日はふしきさんと一緒に連休中ではありましたが、消費税増税が直接影響を及ぼす介護施設所など訪問しました。

 
 お話をお聞きできたところからは、

●グループホームやデイサービスは儲かってると思われていて今年から予算の配分を減らされた。処遇改善交付金が、介護保険の枠組み以外から出ていたのに、介護保険の枠組みに入ってしまった。金額はトントンだが、サービス利用料が増えて報酬下がった。でもいったん上げた賃金は下げられないし、結局事業所が苦しくなる。消費税あげられたら諸経費にかかってくるが、利用者は1割の枠の支払いなので、それ以上とれず事業所がかぶらなくてはいけない。ある事業所では、介護保険枠外で追加料金を取り出すことを始めている。

●社会福祉法人なので法人税などはかからず優遇してもらっている。しかし諸経費には消費税がかかる。送迎車など購入すれば負担は大きい。利用者からその分はとれないし苦しくなる。

 などの声があげられました。
 そして皆さん「儲けているところからもっと取るべき」というのは同感だと。
 大企業のため込み金を労働者の賃金にまわし、所得に応じた税負担を行うことなどで財政を立て直しを図っていくことが必要です。是非共産党の出した提言をお読みください。
2012.05.05 Sat l かけある記 l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gurorin.blog93.fc2.com/tb.php/665-7f2770ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
管理人の承認後に表示されます
2012.05.05 Sat l
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。