上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
●競輪場の跡地問題について
1)競輪場の跡地利用について
 競輪事業が昨年3月末で廃止され、土地の所有者は県から大津市へと変わり、2012年度から企画調整課の方で跡地利用について検討されることとなる。
石黒:
 選手会からは練習できる場所を残してほしいといわれているががバンクは残すのか。
奥村調整部長:
 当面は現在の利用形態(無料で地域の行事・自転車練習に貸す)。跡地の活用については、様々な要望を含め幅広い視点から検討したい。

石黒:
 市民が有効利用できるものを求める。市民を含めた検討委員会を設置し、検討されることを求めるがどうか。今後のスケジュールはどうか。
政策調整部長:
 今後充分に具体的に検討したい。
石黒:
検討委員会の設置を、検討する?
政策調整部長:
 それも含めて、今後どう進めていくか協議をしたいということ。
石黒:
市民を含めた検討委員会で、誘客促進も含めての検討委員会を求めるがどうか。
政策調整部長:
 検討委員会の構成も専門家や市民や、また競技関係のみなさまを含めて構成していくことについても検討していきたい。

★まだこれからと言うことですが、一等地ですからみんなに喜ばれる活用を。自転車協会に聞くと、競輪場が廃止になってもバンクは残して練習場にして欲しい、グループで練習するので、他府県に行って練習させてもらうのは肩身が狭いと言われていました。「全国に競輪場のないところはあっても、練習用バンクのないところはない」と言われていましたが本当なら、なくせないですよね。
2012.03.03 Sat l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gurorin.blog93.fc2.com/tb.php/639-96acb080
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。