上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 10月30日の「原発はいらない!福島大集会」翌日のしんぶん赤旗の一面に大きく掲載されました。しかし、朝日読売・・・他の一般新聞には、一言も載っていないのです。目を疑いました。大阪マラソンの記事だけが大きく載っていて。原発推進派の機関や団体からお金をもらっているってこういうことなんだ。事実を正しく報道するマスメディアの役割を全く果たしていないのではないか。しんぶん赤旗が偏った新聞だっていう人もいるけど、じゃあこんな一般新聞はどうなん!!

 先日、大谷団地の被災地から非難されてこられた方とお会いしたとき、年内までは一般新聞を無料で入れてもらえていると言われていました。でも自分たちの住んでいた福島で、こんなに大きい集会が開かれていることを知ることが出来ないなんてあんまりやん!と、おもわずこの日の赤旗新聞を届けに行きました。「すごい!!ゆっくりよませてもらいます」ってとっても喜んでもらえました。よかった。

 さっきたまたまテレビをつけると障がい者施設で働いている人が、「本当はは非難したいけど、仲間をおいてはいけないし、避難先で定職に就けるかどうかわからない。自主避難区域だからすべて自分で責任を取らないといけないから経済的負担が大きすぎる。」と言われていました。小さい子どもと生まれたばかりの赤ちゃんのいる家庭です。どんなに悩んでおられることでしょう。脳性麻痺の障がい者の方は、「一時避難で体の緊張がひどくなり、食事も出来ず、もう死ぬと思った。これ以上環境の変化には耐えられない」と。

 自分たちに責任はないのです。すべて福島第一原発事故がもたらしたのです。同じように悩んでおられる方はたくさんおられます。国と東電はこの人たちの人生の責任をどうして取るのでしょうか。こんな時に再稼働を行おうとしている人たちの頭の中はどうなっているのか・・・

 

 
2011.11.03 Thu l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gurorin.blog93.fc2.com/tb.php/591-b3372b0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。