上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 いわき市から帰ってすぐではなく、昨日(金曜日)の方が疲れが出て、早く眠ってしまいました。朝起きてもまだ体がだるかったけど丈夫なんですぐ回復(*^_^*) それにしても暑い1日でした。
 私たちが帰ってから、また震度4くらいの余震があったようで。いつまで地震と原発の不安が続くのでしょうか。そういえば書き忘れていましたが、私たちがいわき市にいるときも夜の12時頃余震があったんです。震度2だとのことでしたが、しばらく揺れたので結構怖かったです。

 今日はきょうされんの全国集会が10月に滋賀県であるのでそれに向けての実行委員会に行きました。「きょうされん」とは、共同作業所連絡会、つまり、障害者の運動団体です。今日はきょうされんの常務理事の藤井克徳さんが、障害者制度改革のお話をされるというので、これは行かないと!と参加しました。

 この間、障害者基本法の抜本改正が行われました。次は、障害者総合福祉法(仮)の制定へと向かいます。

 改正された障害者基本法は・・・5ヶ所も「可能な限り」という文言が入っていたり、精神障害者分野の解決策が見えなかったりという課題はありますが、

◎全障害者が網羅された内容になっていること
◎手話が「言語」だと認められたこと
◎障害者政策委員会が設けられ、監視員の役割機能や総理大臣や国務大臣への勧告が認められるようになったこと
◎この法が障害者総合福祉法の土台となるためには、ここで認めないと、政策委員会が新法設定時に間に合わないこと

などから不十分さを残すものの認めていく方向です。

 今回の震災で自閉症境界からの月刊誌で、被災地の自閉症児・者が、騒いだりするので避難所にもいられず、車中で寝泊まりしたり、悲惨な状態であることが報告されていましたが、今日いただいた資料にも、被災地での障害者がどうして生活しているのかが報告されているニュースをいただきました。宮城と福島には日本障害フォーラム(JDF)が被災障害者総合対策本部を設置し、支援員を送って要望を聞いたり、対応したりということが行われています。大津でこういった災害が起これば、障害者に対しての手立ては、ほとんど無に等しいのでは?

 また、被災地に行かれた方から、「医療が必要な重度の障害者の方は施設で過ごしている。しかし自立しているが故に、いままで見つからなかった精神障害者や発達障害者が、避難所でこの人ちょっとどこか悪いのでは・・・ということで障害が発見されている」と言ったお話もお聞きしました。

 障害者問題は、自然災害時に顕著に表れます。皆に公平に襲いかかる自然災害。障害故に逃げられず、命を落とされた方が一体何人おられたのか、時間がかかっても行政としてきちんと調査し、報告してほしと思っています。

    浜に打ち上げられた船の前で
  浜通り船・石黒

    浜に積み上げられた瓦礫の前で
  浜通り・瓦礫・石黒



2011.07.10 Sun l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gurorin.blog93.fc2.com/tb.php/545-d2ea8363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。