上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
DSCN2031_convert_20110317120925.jpg
 これからどうなるのか、住民の皆さんの強い要望で15日に説明会を開いてもらうことができました。11人の住人の方と、自治会長、老人クラブ会長が参加されました。
 今までは個別の対応をされている中で、説明の不十分さや対応の悪さがあったようで、その溝を埋めるためにも集団での説明会は必要だと思い、お願いをしてきました。
 
 要求は2つ、
「高齢なので、死ぬまでここに住み続けたい。追い出さないでほしい」
「だから、家の修理はしてほしい」
と言うものです。お互いの思いを出し合い、約2時間の懇談となりました。
 
確認したことは
「安全性のこともあり移ってもらうようにおすすめはしますが決して追い出さない。」
「根本的な改修は無理だが、生活するのに支障があるところは修理します」


文書だけでは誤解を招くと言うことです。やはり、膝をつき合わせて話をすることで相手の心がわかるのです。「もっと早くにどうしてこういった説明会を持ってくれなかったのか」住民の方のこの言葉が、一番的を得ていました。
2011.03.17 Thu l 大津市政情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gurorin.blog93.fc2.com/tb.php/494-14372866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。