上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 大津市は、「葬儀事業のあり方検討委員会」を設置し、今後の市営葬儀事業のあり方について検討してきましたが、大津市として葬儀事業について以下のような方針を出しました。
 
 この間、不正請求事件により、自宅葬が休止されていたため、市民からは再開を求める声や市営葬儀事業存続の声が大津市に多数寄せられていました。しかし民間事業者の増加や、大津市の財政事情などから今回の決定となりました。そして市営葬儀の「低廉・安心」な葬儀を求める声に対して大津市は「規格葬儀」といって、市が葬儀の仕様・内容と料金などの標準的な価格を決め、市と協定を結んだ民間の事業者と利用者との契約に基づいて葬儀を行う仕組みを創設します。
私たちは「低廉・安心」な葬儀を続けるために市営葬儀の存続を求めてきました。今後は、この理念が損なわれることなく、葬儀事業が行われるよう求めていきます。
2011.02.02 Wed l 大津市政情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gurorin.blog93.fc2.com/tb.php/488-32fa4198
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。