上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 11月3日、米原での集会は盛り上がり、県議会に向けて会は、2万の請願署名に取り組むことになったそうです。。6市6町で意見書が採択されています。大津市では6月市議会で共産党市議団が「大幅な統廃合は行わないこと」という意見書を上げたけれど、すべての政党に反対されて否決されました。なんででしょうね。子どもの数は減らないし、財源不足なら他に削るところはあるのに。滋賀県の高校生一人あたりの教育費は全国で42~47位なのにまだ削るのですか?3日の日には、他党の県議も出席され、「命を賭けて戦う(浅井出身議員)」「個人としては反対(民主党議員)」など世論の強まりに変化が起こっています。長浜市議会では4会派13人の議員が参加されたそうです。10月に方針を出すといっていた嘉田知事でしたが、今年度中に、と変えざるを得なかったのは、大敗したけれど、共産党が知事選挙で戦った成果だと思っています。選挙中、知事は愛荘町では「愛知高校はなくさない」と受け取れる演説をされたと聞いています。すでに8月に米原と大津で説明会をしましたが、今度はPTAを対象に説明会をするとのことです。12月あたりになると思われますが、まだ未定で、これを受けての対応になるので方向性は、来年度にずれ込む可能性もあるのではないかという流れになってきました。
 嘉田知事は会の人との懇談の中では「あなたたちの宣伝は間違っている。」「政局にしたくない。政策で議論したい」と、かなり言葉を荒げた場面もあったそうです。
 12月7日までに今までの要請署名から請願署名へときりかえて取り組みます。共産党も他団体と共に大いに共産党が頑張ってることもアピールしていこうと思ってます。今度の県議会で県議47人が、どういった態度を示すのか、注目したいと思います。
2010.11.05 Fri l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gurorin.blog93.fc2.com/tb.php/455-d50e4fe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。