上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 昨日は、国保をよくする会の皆さんと担当課との懇談があり、私も参加しました。少しでも国保事業が改善されるようにと毎年行われています。

 民商の方は、零細業者は収入が激減し、減免してもらっても払えない。不況減免がほしいと。

 診療所の職員さんからは、相談に来られる方は、派遣切り、低所得がおもだが、国保だけでなく働いておられる方も所得が低く、医療にかかれない。滞納は国保料だけでなく、市税県民税、公共料金といくつもの滞納があり借金に追われている・・・といった現状が報告されました。

 担当課は休日や夜間も含めて実情を聞いて行きたい。払えない人の保険料まで払える人が払うという保険料の計算の仕方は、国の算定方式なので変えられない。その分収納率の向上に努力していくと。

 国保の広域化については、方向としては賛成だが、市民負担の部分でまだ数字が出されていないので何ともいえないと。

 44条減免(医療費の真一部負担金の減免)については国の示された基準で県下いっせいに始めたいとのことでした。

 どちらにしろ国がこの間補助金を大きく減らしてきたことが問題。国保制度自体の問題点もあると当局も再三いわれてました。国へ向けて大きな運動を起こさなくてはなかなか国保問題は解決できないな~というのを感じました。でも国保料を引き下げている自治体もあるのですからそれが無理でも本当に困っている人に何とか手立てが打てないのかと思います。
2010.10.30 Sat l かけある記 l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

No title
経済力のある国ですし、国民から税金をとっているわけですから、国民の医療費を無料にすることが、最善の道だと思います。それをいやがったり、国の財政難を気にして遠慮する人たちがいるのも事実ですが、思いひとつに運動を起こすことが大事でしょうね。おおざっぱでいいから、明るい方向をつくろう!というメッセージと団結がいいのではないかと思います。
2010.10.31 Sun l BIN★. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gurorin.blog93.fc2.com/tb.php/454-ce6a4625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。