上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 11月定例市議会は、17日が閉会日。質問、所属する委員会での議案審議も終わり、後はそれぞれの特別委員会が休会中に行われ、最終日をむかえます。一般会計の補正予算と、特別会計についても、市職員の給与改定で、一般職と教育職の給与削減が予算化されている議案については、反対をしました。詳しい中身は最終日に反対討論をしますのでまた後日・・・

 さて、議会の合間を縫って、金曜日は大津市の国保を良くする会主催の学習会、土曜日は福祉保育労主催の保育制度の学習会に参加してきました。
 
 国保の学習会は、大津の国保の現状を私から報告し、皆さんの意見をお聞きしました。「高すぎる!」って言うけど、何を基準に高すぎるっていうの?所得のどれくらいが国保料に取られてるんや?負担は、国保だけと違う!他にもいっぱい税金払ったり、光熱水費払ったり、年金生活の中で負担はいっぱい!アンケートで、声を集めよう!という意見も出ました。
 また、国保料の計算方法って「徴収できない分を、払っている人に上乗せして計算されてる」ことって知らなかった。そんな計算おかしい。みんな知ったら怒るで!
 それならどうして声を上げよう?署名?・・・でもよく分からん。勉強しないとあかんけど、誰でもが分かる内容で訴えていかないと。
・・・ということで、課題はいっぱいなのですが、何とか国保料引き下げのため、皆さんと一緒に運動を広げたいと思っています。

 保育制度の学習会は、京都の課長短期大学の藤井先生のお話をお聞きしました。社会福祉基礎構造改革の中で、福祉や保育にお金をかけなくしようというだけでなく、金儲けの対象にしようとしてきたこと、これが規制緩和といって、
財界からの圧力で、民間企業(営利団体)も、福祉事業に参入できるようになってしまった。今回の保育園の1人あたりの面積の最低基準が都市部で緩和されようとしていることもそれしかり。そして、子ども手当を出すから、児童扶養手当を廃止して、保育所の国の運営費の負担金も廃止して、その分は、地方で全て出せと言うことを言い出しています。こんなことすれば、自治体は、一般財源という何に使っても良いお金の中から保育所のお金を捻出品kては行けないので、出せない自治体は、仕方ないので公立保育園を民営化して経費を削減するという方向に進みます。すると民間企業が参入して、もうけ主義の所がすれば、保育内容が低下して・・・ということになり、子どもの発達保障はどうなるの?人手不足でますます事故が増え・・・ということが心配されます。
 もう今が瀬戸際。でもなんとしても今の保育水準を下げるような施策は止めさせなくては!!
・・・そこで、本日三時半から瀬田駅前でこんなことになったら大変!という若者達が「署名で訴えよう」という行動を行います。私もお手伝いにいこうと思っています。誰でも参加できますので、私も!と思われる方は是非来てくださいね。

 
2009.12.13 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gurorin.blog93.fc2.com/tb.php/370-43a993b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。