上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 今、地元では、滋賀会館の存続を求める声が大きく広がってきています。嘉田知事の、財政改革プログラムの一つとして、王やけの施設の見直しがされた結果です。高齢者世帯が多いこの地域では、「干したら郵便局はどうなるの?無くなったら困るわ~」など、多くの声が寄せられています。中央にお住まいのIさん、高齢の為、なかなか外出もままならないのですが、先日シンポジウムに行ってきたと報告を頂きました。一人3分と言われて、言いたいこといっぱいあったけど、少ししか言えなかったと。80人あまりが集まったそうですが、今度はもっと多くの方に来て欲しいと言われていました。手記をご紹介します。

「我が友、滋賀会館よ」

 民主党の政府になってから自民党と変わった点を強調したいのか、公の施設の見直しが重視されているが、功を急ぐ余り、その内容は経済にだけ重点を置き、それぞれの本質的な意義を軽視しており、現場を見て現場の意見を聞いて判断することが全然ない。
 滋賀会館は一応廃止することに決まったとのことです。しかし当方は、滋賀会館の隣の町の自治会長を委嘱されていますが、滋賀会館を廃止する件について、庁内への説明会等は一切おこなわれず、いつの間にか廃止が決まっていた状態で、将来はどんな施設になるのかまだ未定で、3年間かけて考えるとのことです。そんな悠長なことでは近隣の人に多大の迷惑と不安を与えます。交通の便利な地区だから他の施設に行けばよいとの意見もありますが、中央地区は老人が多く、車も自転車も使うことができません。郵便局が浜大津にできるとの噂ですが、これと引き換えに滋賀会館の郵便局が万が一廃止されたら大変不便になります。県警本部も打出浜へ移りました。中央地区の過疎化、空洞化を防ぎたいと思います。

2009.12.03 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gurorin.blog93.fc2.com/tb.php/368-fffbc58e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。