上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 昨日、第二金曜は、近畿全駅一斉駅頭宣伝の日。この日に限って雨が多いのです。雨の中、ビラは受け取ってもらいにくいですが、都合をつけてビラ配りに出てきてくださるみなさんに支えられて私たちも頑張っています。
  さて、今週発行の市政報告のビラから・・・
 今生活するのが大変な方が増えてきています。相談がひっきりなしです。これは小泉内閣以後、社会保障費が削られるなかで、年金・医療・介護・福祉が切り捨てられる異常な政治が続き、日本の社会保障制度は国民の暮らしを支えるどころか、生活苦や将来の不安を増大するものとなってしまったからです。
大津市ではどうでしょうか。

☆「愚作」といわれる定額給付金 
 「経済効果がある」と公明党がいう52億円余りの定額給付金は、選挙目当てのバラマキ給付金で、政策的な考え方がありません。もっと有効に、産業連関の広がる使い方をするべきです。
 
☆「敬老祝い金」は6200万の削減
 52年前から始まった敬老祝い金。今まで77歳になれば支給され、長生きを祝うとともに高齢者の方の楽しみでもありました。これが財政難だからと支給年齢を88歳、100歳、最高齢の3つの節目だけに縮小されます。削減した分は、他の老人向け事業に使うとのことですが、75歳で後期高齢者と差別されながらそのお祝いは88歳まで待たされる・・・余りにもお年寄りに冷たい大津市の姿勢です。

☆「介護保険料」も4月から値上げ
 標準世帯で1年間で3023円、1ヶ月あたり252円のアップとなります。隣の京都市では、市長が介護保険特別会計の基金を取り崩し、4月からの介護保険料を引き下げるとの方針です。介護保険料が払えない、また利用料が払えないと、サービスを受ける尾を手美会え、必要な介護が受けられないということが実際おこっています。大津市独自での保険料・利用料の減免制度を求めます。

☆「小学校入学前まで医療費の無料化実現!」市民の願い実現に
 子育て中のお母さんの切実な願いである乳幼児医療費無料化の願いが、長年の市民と日本共産党の運動で実現します。2009年10月から就学全児童の自己負担無料化(入院・通院)、そして平成22年度からは、いまの医療費の助成(一部負担)を小学校3年生まで拡充する予定です。これは目片市長の公約であり、今の滋賀県下の動きからみても決して先進しているわけではありません。私たちは引き続き、義務教育終了までの医療費無料化に向けて運動を続けていきます。

日本共産党演説会にお越し下さい
とき:4月4日(土)午後2時から
ところ:大津市民会館大ホール
弁士は、吉井英勝 党衆議院議員です。 国会では経済産業委員会に所属し今、中小企業対策で鋭い追求をしている注目の人です。当日は、党県書記長 川内たかしもお話をさせていただきます。
2009.03.14 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gurorin.blog93.fc2.com/tb.php/309-78e1480a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。