上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 昨日、商売がうまくいかず、「もう生きていてもしようがない」と言っておられた方が心配で、朝一番にお家を訪ねると、少し落ち着いて元気になっておられ、「仕事があればボチボチやりながら考えます」と笑顔で答えられ、ほっとして仕事に向かいました。
 今日は、特別委員会の視察で、大津駅前・坂本・雄琴の観光協会に寄せてもらい、南北に長い大津市の観光連携がどのように工夫されているのかお聞きしてきました。
 実際離れていればそれだけ連携が難しくなるのは事実のようでした。しかし、PRを盛んに行い、割引券を発行したり、シャトルバスを出したりなど努力されているとのことでした。また個々では京都の観光客をどう大津まで来てもらうか、若い世代の力を生かしてキャラバン隊を組む、設備投資を積極的に行うなどの報告がされました。この1月2月は、さすがにこの不況と相まって苦しいそうですが、まだ他府県と比べればましなほう・・・と、前向きな職員の方の姿勢に学ばされました。
「どの角度から観光をとらえるのか。税収を増やすと言うことからすれば、観光は経済の面からとらえなければならない」と言われた言葉にプロ意識が感じられ、心に残りました。
2009.02.07 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gurorin.blog93.fc2.com/tb.php/299-34cf1462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。