上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 昨日は夕方下阪本の「KANEKA(カネカ)」前でふしきみちよさんと労働者向け宣伝。後援会の方も応援に駆けつけてくださいました。

 門前に着いて宣伝カーをとめたとたんに会社の方が出てこられ、「この場所は私有地なのでおいてもらったら困る」「道も狭いので」と抵抗。
 こちらもそれならと「わかりました、ハンドマイクでします!」ってことで、むこうもあきらめられたようでした。

 門から出てこられる労働者の人数はあまり多くはなかったのですが、出てこられる方の8割くらいの方はビラを受け取ってくださいました。そして帰り道、4~5人の方がかたまってビラを読んでおられる光景が。賃金アップは切実な要求です。

繧ォ繝阪き・胆convert_20130503092637


スポンサーサイト
2013.04.27 Sat l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 久しぶりに、昨日の昼前、歯の治療に浜大津のM歯科に行くと、次々と障がいをもつ子ども(もう青年ですが)とお母さんが来られ、待合室で同窓会。「他ではいやがって治療ができなかったけど、ここなら何とか治療できるので」
 確かにM先生は作業所の歯科検診に来てくださったり、特別支援学校にも来られるので障害を持つ人の気持ちにより添った治療をしてくださると言うことなのでしょう。他の職員の方もなれた様子で、にこにこ笑顔で接してくださり、緊張しなくていいといったところでしょうか。うちの息子も他の歯科医で押さえつけて治療され、親子とも二度と行きたくなくなった経験があります。
 先生曰く、「小さいときから定期的に通ってきて欲しい。小さいときいやがって治療できるまで10年かかっても10年たったら治療できたら後は大丈夫」といわれていました。
 そういえば、障害者施設で、食後の薬は、いざというとき飲むのを拒否しないために、ビタミン剤など普段から飲んでもらっていると言われていたことを思い出しました。
 ひとつひとつ、考えてもらっていることに感謝です。
2013.04.21 Sun l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 5月17日に臨時議会が行われます。議長副議長を始め、常任委員会、特別委員会の役職などを決めるのがおもです。先日は今期初めての議会運営委員会がもたれ、今年度から行おうとされている「通年議会」についての説明などがありました。また追ってお知らせします。

 日本共産党大津市議団は、毎年臨時議会の前に、議会の民主的な運営と構成について各議員に申し入れを行っています。インターネット中継や質問形式の選択制、議会だよりの質問議員名の掲載など、市民に開かれた議会へと少しづつ改革されてきましたが、地方自治法が改正され、議会と市長の適切な権限確保についてや、住民自治の更なる充実を図ることが求められています。大津市も、通年議会や議会報告会、iPadなどのタブレッド型電子端末使用による議会の効率化について議論が重ねられています。こうした議会の持つチェック機能、政策提案機能の充実を求めるとともに、市議選で示された住民の意思が適切に議会運営や構成に反映されるように、議席数に応じた役員構成にすることや、請願書の審議にあたっては、請願者に趣旨説明などの機会を設けることなども引き続き申し入れたいと思っています。

 
2013.04.21 Sun l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
        チューリップ
 
 定例の火曜日の大津駅での宣伝に行くとなんと、チューリップがどっさりきれい!今朝は暖かく、いい気分で宣伝冴えてもらいました。
 宣伝を終えて片付けていると、そばのベンチに座っておられたおじさんが、「共産党はなぁ~、消費税に頼らない別の道があるっていうてるけど(すごい!覚えてはる!)…どういうことや?」大企業のため込み金を労働者に還元すること、所得に応じた税負担をすることやと話すと、「でも大企業は企業の論理があるで、わしら、昔からずっと聞かされてきたかそういわれてもな~ため込み金ははきださへんで。」でも今国会で共産党の賃上げがデフレ打開の一番の方法やということは最もやと言うことで企業にも賃上げを言うと、共産党と自民党が一緒になって賃上げ要求を言う照手今までなかったことやと話題になってるんよ。まだ一部だけやけど賃上げに努力してる企業も出てきてるし、広がったらいいんやけどね~。などと話していました。

 すると、「話は変わるけど原発もことも、わしは福井出身なんやけど、福井の原発も事故が起こったら琵琶湖の水はもうあかんようになって大変やと、福井の友達やらみんな言うてるわ。もっとみんな琵琶湖が危険になることを知らんとあかん」そうやね、近畿の水瓶やからね。びわ湖を放射能から守る会もできてるんで、もっと宣伝しないとね。マスコミは宣伝してくれないしね。というと、「マスコミはあかん。金もうてる。共産党頑張ってや」と、励ましてもらいました。物静かなおじさんとの嬉しい朝の出会いでした。

          
2013.04.16 Tue l かけある記 l コメント (1) トラックバック (0) l top
 初めて行ってきました、京都の赤旗まつり。実はCさんの三味線仲間が、共産党支持者だとわかっただけでなく、「まつりの模擬店で焼きそばを焼くのできてねと言われた」とCさん大喜び。一緒に行こうと誘われました。あいにく昼から会議があったので、午前中だけですが行ってきました。
 天気も良くて大賑わい。「アッコ」倉林マガジンや、あなたの会社「ブラック」ちゃう?といったリーフやチラシもいただき…参考にさせていただきます。井上さとしさんも精力的に各テントをまわり、小演説会をされていました。
今まで井上さんはあまりなじみがなかったのですが、「参院選比例5人の予定候補そろっての演説会」のDVDを何度も見るうち、あの頭から抜けるような(ゴメンナサイ)声がいいなあと思えてきて…
 1時間半足らずしかいられませんでしたがいっぱい楽しませていただきました。地酒や焼き鳥、海鮮焼きのいい焼け具合のにおいが漂ってきて、やっぱりゆっくりしたいな~と思いつつ帰ってきました。

 午後は近江八幡での学習会。なんといっても7月の参院選に向けてしっかり気合いを入れさせてもらいました(^_^;)
2013.04.14 Sun l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 昨日は、いきなり携帯が鳴ったと思ったら5秒後?ぐらぐらと。私と息子は起きていましたが、娘たちは就寝中。でも携帯で起こされたのか、後で、「地震やったな~。でもまた寝てしまったわ」と。大津ではこんな感じでしたが、すぐにテレビのニュースで報道され、淡路島では局地的に強い揺れで被害も大きかったよう。お見舞い申し上げます。

 昨日は障がい児余暇活動の当番で、こども(といっても青年です)たちと一緒にロープウェイにのって比叡山へ。地震の影響でJRが乱れていて集合時間に合わなかったりで出だしからトラブル。でも桜咲いてるかな~?と楽しみに…着いてみると、まだつぼみ。見頃はゴールデンウィークのようで、4月末から、さくらまつりのイベントが予定されてました。根本中堂を始め、拝観も静かにできるようになり、年を重ねるごとに成長を感じました。一つ、おもしろかったのは、習字の作品が展示してあり、「いぬ」と書いてあるのをさして「なんて書いてある?」と息子に聞くと「わん!」といい、みんなで大笑い。でもいつの間に読める?ようになったのか、50音を一つ一つは読むことができないので経験から覚えたとしかお思えないのですが。

 昨日は山王祭もあり、帰りは丁度巡行を見ることができました。唐揚げ、どら焼き、フライドポテトなどお気に入りのおやつを買って1日たくさん歩き、私は帰ってからぐったりで、体力不足を感じました(>_<)

        山王祭1


  
2013.04.14 Sun l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

 市役所のすぐそばにある歴史博物館、知らない方も結構おられます。表通りに面してなくて、どこ?ってところですが結構見応えのある展示や企画展をされてます。今日までですが、大津百町の昔と今…みたいな展示がされてます。金曜にキンカン行動の前によってきました。説明文も子どもも読みやすいように工夫されててよかったです。でも見学者は一組のご夫婦だけでもったいないなあと思いました。

 遅くなりましたがキンカン行動は久しぶりに膳所駅からのデモ行進。雨がぱらついてまだまだ寒かったですが大ぶりにならずに良かったです。それにしても安全でない安全基準をつくって全く大飯原発もとめる気がない政府。「ほんとは福島の汚染水もいっぱい海に流れ出てるやんな?」と私たちは報道を信じることができない状態です。

キンカンデモ行進2   1キンカンデモ行進

  
2013.04.14 Sun l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日は夕方、民青同盟の青年と一緒に下校時の高校生にシールアンケートをお願いしたらたくさんの学生が協力してくれました。質問は二つ、「今、一番関心があることは?」と、「体罰にあったことは?」です。関心事は、部活、進学、恋愛・・・とその人それぞれ。体罰についてはほとんどが「体罰はない」でしたが、わからないと言う生徒さんもいました。「授業をサボったらしばかれた」「言葉の暴力ならある」といった声も聞きました。今、週2回取りくんでいるとのことですが、この結果をどう生かしていくのか興味あるところです。

             IMG_9348.jpg

2013.04.10 Wed l かけある記 l コメント (1) トラックバック (0) l top
 昨日は午後から、滋賀県生活と健康を守る会連合会主催の「生活保護引き下げとは何か」の学習会に参加しました。

 まず始めに、「憲法第14条で法の下の平等(平等権)が謳われ、不平等は許されないとなっている。しかし今「格差」という言葉がよく使われているが、「格差」なら許されてもよいようにとらえられているのではないか。格差も憲法でいう基本的人権の保障という考え方でとらえねばならない。」と言われ、話に引き込まれました。以下、印象に残ったことをつらつらと書きます。

 国は基本的人権を保障すべき立場であるのに、自助、共助、公助論で、国民をだましている。「障害者自立支援法」が4月から「障害者総合支援法」へと名称が変わったけれどどちらも「支援」=応援する法律である。国は「応援」ではなく「保障」すべきであるのに。

 障がい者も生活保護受給者も同じ人間なのになぜ最低限度の生活しか与えられないのか。それは私たちにも彼らに「劣等処遇意識」を持っているからではないか。劣っているから処遇も劣っていていい・・・例えば保護費削減に反論するとき「パソコンが激安になったからと保護費を削られても生活保護の人にとってパソコンは関係ない」などと言っているとすれば、それはすでに、彼らはパソコンを持っていないという劣等処遇意識を持っている発言であるってこと。
 社会保障、生活保護の水準引き上げの歴史はこの意識を克服していく歴史である。すなわち最低限ではなく他の人と同じレベルへと発展させてきた。国際障害者年のスローガンは「完全参加と平等」。これは他の人と同等の生活ができる権利を保障しようという意味である。これを保障するために国がある。

 先日、成年後見人制度を受けると選挙権がなくなるとことは違憲だという判決が出た。人権を支えるのが国や自治体の役目だから「政治参加」を保障するのは当然のことという判決。なのに今、運動会などの行事に参加する「社会参加」という言葉でだまされている。

「平等」は思想闘争ではなく、憲法第14条の人権保障で謳われている。だから人権として生活保護、社会保障も考えていかねばならない。

ってとこですか。最後は「生存権裁判を支援する滋賀の会」を結成しようとなりました。

      生保学習会
             なかなかユニークな先生でした!
2013.04.07 Sun l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 昨日、庁舎前での朝宣伝で、足のご不自由なおじさんが歩いてこられたので、ビラを渡しながら「安倍政権になって暮らしは少しは良くなりましたか?」と思い切って声をかけてみました。少し間があって、「安倍?あんなやつ最低や。わしらちょっと障害を持っているけど、なにもいいことあらへん。麻生?これもだめ。みんな大企業ばっかりいい思いさせている。障害者年金も下がったのに物価あげてどうしてくれるんや!!」と、いきなり怒り出されてびっくり。暫く話されたあと、「あんた誰や?共産党か。共産党は昔世話になったな。谷なんとかさん。そのあと下尾さんとか言う人にも。母が入院して病院ともめたとき、すぐきて病院に言うてくれはったわ。」と、初めてにこっとされました。
 みんな大変な思いをして生活しているんだよ。安倍さんわかってる?
2013.04.05 Fri l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今日は肌寒い日でしたが、午前中2回と夕方、街頭宣伝に出ました。演説はあまり好きではないのですが、街頭でいろんな人と対話するのが楽しいのです。

 朝は定例の水曜日大津京駅頭宣伝。終わった足で、今日は滋賀医大の入学式だったので民青同盟や民医連の青年たちとビラ配り。夕方はふしき前県議と一緒に久しぶりの大津京駅でのお帰りなさい宣伝。夕方は青年労働者や学生との対話もしようと労働者向けビラの他に、シールボード(要求項目にシールを貼って答える)も用意しました。

 以前は、「休みが欲しい」「残業を減らして」といった要求項目にシールを貼る青年が多かったのに、今日は「賃金が安い」「正規雇用を」にシールを貼る若者が多く、今の若者の状況を反映していると実感しました。年配の方も貼りに来られ、「人員不足」に貼って行かれました。厳しい労働条件のもとで一生懸命働く人たちが安心して働き続けられる社会にするためにも、参議院選挙は頑張らないと。

 宣伝を終える間際、久しぶりに長等の学童で一緒に仕事をしていた先生と再会。体調を崩して休んでおられ、心配していたのですが、すっかり元気になっておられ、「色々資格も取ったけどやっぱり私には保育しかない。今、家庭的保育室で働いている。子どもからは元気をもらえるから」と、楽しそうな様子で話され私も嬉しくなりました。
 人との出会いはいろんな発見があり、元気をもらいます。だからいいな。
2013.04.04 Thu l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。