上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 毎年のことながら慌ただしい年末ですが、今年は輪をかけて12月に総選挙があり、終わったと思ったら集金と赤旗新聞購読のお願い、母の具合が悪くて毎日様子を見に行き、年明けの高島市議選勝利に向けて現地へお邪魔…ってことで気がつくと明日は大晦日。今年の後半は体調もあまり良くなくて、改めて体力の衰え?を感じていました。で、まけずに来年は体力づくりに励みます(*^_^*)
 そんなことで、新年のご挨拶ハガキもまだ作れていなくって…年明けからは高島に行ったままになりそうなので出せなかったらごめんなさい。一年間たくさんの皆さんのお世話になって過ごすことができました。ありがとうございます。来年は参議院選挙。自ら風を吹かして政治を変える、そのためには皆さんの切実な声に耳を傾けてそのエネルギーをもらいたいと思います。 
スポンサーサイト
2012.12.30 Sun l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 ツイッターでもお知らせした来年からの通勤時の戦闘服着用についての住民説明会、28日の午後2時から行われました。滋賀市民センターの2階の会議室は満席となりました。
 相手の説明は「災害時などの緊急時に迅速に対応するため」を繰り返すだけ。
 自衛隊よりもっと一刻を争って出動している消防・救急隊は、通勤時に消防服着てますか?
 服装については駐屯地の指令団長が定めることができるといわれましたが、それならなぜ今なのか、説明ができるはず。18日付の文書が私の家に回ってきたのは27日。説明会の回覧なんて届くわけない。「住民に知らせる時間もとらずどうしてこんな急に行うのか?政権変わって調子に乗ってるんとちゃう?!」」という質問には、「それは関係ない。夏から検討していた」と。それならよけいに今なぜ急に行おうとするのか説明が付かないでしょ。
 災害時の着用服ならもっと目立つオレンジや黄色の服に替えるべき。
 「大津市長には話していないけど企画調整課には知らせた」と言われたけど、私が3日前に聞いたときは「知らない、聞いてない」っていわれてましたよ。「確かめてください!!」といって次の日にも聞いたけど「まだ午前中出かけていて電話してない」といわれていました。ですから連絡を取られたのは昨日ってこと。それでよく「知らせてた」っていえますねぇ。
 保育園の送迎も戦闘服でしますって。異様だと思わないのはあなたたちだけです。
 「普通は住民に説明会なんか開きません。」と何の疑問もなく、言われたときには唖然としました。30分という短時間に相手から設定されて、1分でも無駄にするなって感じで重なるように皆さん発言され、最後説明会を終えるためには「持ち帰って検討します」といわざるをえず、またその結果報告があるまでは、服装の変更はできないと確認さすところまで追い詰めました。その結果「でも変更するのでご理解ください」というてくるでしょうが、絶対認めないぞ!!

  121228_140159.jpg                                   気持ちを逆なでするように正面には戦闘服(迷彩服)が。
2012.12.29 Sat l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 要旨をまとめたので良かったら読んで下さい。

1.スクールランチのありかたについて
2012年の6月からまず8校で始めるスクールランチは400円の料金で利用率は2%とみこんでいます。2%といった利用率についてもっと引き上げるつもりはないのか、また今後のスクールランチについての考えを問いました。答弁は、持ってこない5%の家庭を対象とした数値であるとの説明で引き上げることについては答弁がなく、スクールランチについても現状の取り組みの充実を述べるにとどまりました。日本共産党大津市会議員団は、まずはスクールランチで早急に必要な人への対応をおこないつつも、その後は自校方式をめざして準備を進めるべきだと引き続き求めます。

2.大津市民会館に減免制度の創設を
 大津市民会館には減免制度がなく、他の公共施設で減免となっている「大津市が関わる事業」や「市民福祉が目的となっている利用」について減免規定を設けるべきだと求めました。当局からは2013年度から取り組む行政改革後期集中改革プランの中で、使用料等の見直しについて検討することになっているため、これとあわせて、減免についても検討したいと答弁がありました。

3.児童クラブの充実について
1)保育時間の延長について
 大津市の児童クラブは来年度の4月から学校休業日の開所時間を午前8時から、また平日と学校休業日に必要な児童は6時半まで延長保育を行います。私は、保育時間をこの時間に延長した理由と、今後についてどう考えるのか質問しました。当局は、生活実態調査と保護者会の要望を踏まえ、開所時間については平日の登校時間にあわすことが望ましいと考え、夕方については、学童期は子ども自身が自立に向けた生活力を培っていく時期であり、児童の生活リズムを考慮して午後6時30分とした(土曜日を除く)と述べました。そして来年の4月以降再度アンケート調査をして、さらに時間延長の要望があれば改めて検討するとのことです。今後もまずは、子どもを中心において大津市と保護者でしっかりと話し合うことが求められます。
 また、延長をおこなうにあたって小規模児童クラブの指導員体制についての質問には
近隣のクラブからの応援体制等を含め、負担にならないよう指導員体制を考えるとのことでした。

2)民間の児童クラブのあり方について
 来年度から松の実保育園に続き、風の子保育園でも児童クラブができる予定となっています。大津市は民間を増やしていくという方向を考えているのか、市の姿勢を問いました。
大津市は、「公設公営を基本としつつ、民間も含めて対応したい。その際は保育園併設の社会福祉法人に限り、運営補助の対象と考えている」との答弁でした。日本共産党大津市議団は児童クラブの整備については公営で対応すべきだと考えます。しかし、現在大規模化している大津市児童クラブの補完的役割を担っている民間の児童クラブに対して、赤字運営である実態から、市としての支援を求めました。市は、民間が積極的に経営をしたいとのことなので、市独自の補助制度については考えないとのことでした。

4.特別支援学級の体制強化について
 特別支援学級は6人までは先生が1人体制であるため、様々な発達状態の子どもたちがいるクラスは手が足りず、大学生ボランティア、管理職の先生、特別支援教育支援員、また保護者が見かねて世話をしに来ているという実態があります。この現場の実態を市はどう認識されているのか、早急な支援員の増員を求めました。教育長は、「学校によっては指導・支援に苦慮していたり、教員以外の支援を得ている学校があることは認識している。市として今年度より教育相談センターから各学校への指導支援をおこなったり、今までの巡回相談に加え、新たに各中学校ブロックに相談員を固定し、指導支援をおこなっている。
全国的な課題であるため県教委に対しても、手立てを要望をしている。可能なかぎり、この支援員の配置に努めたい。」と答弁しました。子どもたちが生き生きと学習できる教育環境の充実を求めます。
2012.12.27 Thu l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 総選挙中、候補者本人ではないのでブログ更新も一定おこなうつもりでしたが、議会とも重なりそんな余裕がありませんでした・・・
 選挙の結果は、議席を一つ減らすという残念な結果となりました。赤旗の集金に回ると、「残念やったなあ。でも自民党も得票が増えた訳じゃないやん」と言われる方もいて…4割の得票で8割の議席ですから、ほんとに小選挙区制の矛盾が浮き彫りになった結果となりました。

 12月議会は21日に終わりました。議会報告ができてませんでしたので遅まきながら書き留めておきます。  
 
 市民の皆さんからは、「活断層の疑いが極めて高い敷地内に設置されている大飯原子力発電所3号機及び4号機の運転停止を」「生活保護基準の引き下げはおこなうな」との旨の請願書が出されました。日本共産党大津市議団は、両方の請願の紹介議員となり、請願が採択されるよう討論をしましたが、両請願とも不採択となりました。

議案では、補正予算、大津市総合計画第3期実行計画(基本計画)、一括法の施行に伴う条例の制定・改正、附属機関設置に関わる議案など48件が提案されました。日本共産党は総合計画第3期実行計画(基本計画)は評価する点はあものの、大津市として介護・貧困対策や新エネルギーなどの施策が消極的であり、また施設使用料や補助金の見直しにより市民負担が増える可能性が大きいことなど、今の厳しい市民生活の実態を受け止めるのには不十分な中身であると反対をしました。

 また、他には大津駅西第一土地区画整理事業に伴って家を出なければならない借家人に対して大津市は都市再生住宅を優先的に提供し、家賃については市営住宅と同一とし、家賃が旧家賃額より上がる人については5年間の激変緩和措置をとるという議案も提出されましたが、生活保護ぎりぎりの生活をしておられる年金暮らしの方が多い中で、お話をお聞きすると今より家賃が上がると生活できないという方がおられます。こうした方に対して減免などの手立てを打つよう求めましたがそれについては考えていないということでしたので、この議案とそれを含む予算に反対をしました。
 
 これらの議案については反対少数にて可決されてしまいました。しかし市民生活を軸に考えるなら当然のことだと思うのです。 
2012.12.27 Thu l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。