上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 土曜日は「びわ湖を放射能から守る輪」の総会に出席。今、原発反対の思いを持った人たちが、あちこちでグループを作ってインタ-ネットなどを通じて情報交換されています。総会ではもっと積極的に他団体との交流を持ってはどうかとの意見が出ました。また一方で、こうした活動をきっかけとして山中比叡平では地域で会が立ち上がったとの報告があり、網の目のように原発なくせの運動が広がりつつあることを感じました。

  わ

 日曜日は日本共産党の県と地区委員会が主催する「いじめと教育を考えるシンポジウム」が光荘で行われました。コーディネーターは河瀬哲也さん(どの子も伸びる研究会事務局長)パネリストは日本共産党衆議院議員の宮本岳志さん、福井雅秀さん(北海道教育大学教職大学院教授)、岡見要さん(昨年まで大津の中学校教師)でした。先日の12日に開かれた全教と新婦人主催のいじめシンポは、保護者や他府県の教職員のかたから大津の教師や教育委員会を攻める発言が多く、緊迫した雰囲気でしたが、今日は教職員の方の参加が多く、学校での実態がリアルに出されました。週に20時間以上も授業を持っていると子どもとゆとりをもって関われないこと、気づいた先生の声が共有できる教職員集団になっているのか、学校生活の大半を占める授業の中でこそ子どもは輝く、根本的解決は、子どもたち自身がいじめをなくしていける力をつけること、そうした授業の教材が準備できているのか、リアルな実態が出されました。
 宮本議員からは、子どもを取り巻く状況が変化していく中で、学校が楽しいところになっているか、いじめ克服の力は子どもたちにあること、党としては真相究明、現場の改善策とあわせて社会全体でとり組むべき課題について(競争教育、職員の多忙化など)も全力で取り組んでいくとの決意があり、前向きないい集会となりました。保護者の発言が少なかったのですが、頑張ってる先生の実践や率直な声が聞け、やはり先生が元気でなきゃ!と感じたところです。まずは大人社会からいじめをなくすこと・・・もっともだと思います。

  いじめシンポ 
 河瀬先生は学童保育で以前研修に呼んだ先生。実践を何冊も本にまとめられており、当時一生懸命読みあさったことを思い出しました。
スポンサーサイト
2012.08.27 Mon l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今日の昼前に、申し入れ書を渡してきました。早急な対応を求めます。京阪バスにもお聞きしましたが、復旧の見通しはまだ立たずとのこと。学校もはじまる、しどうなるのか教育委員会にもお聞きしましたが、今、対策を考えているとのこと。以下、申し入れ文です。

     

       市南部の大雨被害による被災者支援・復旧についての緊急申し入れ

 13日からの大雨による被災地域のみなさんに心からのお見舞いを申し上げます。また被災者支援活動や復旧作業にあたる市職員をはじめ、近隣市より応援に入って頂いている自治体職員や関係事業者などのみなさんの昼夜分かたぬご奮闘に心から敬意を表します。
 私たち日本共産党大津市会議員団も支援のために、大石、外畑、関津地域など被災地の調査をおこないました。この間の活動を通じて把握している住民の要望や不安を踏まえて、現時点での被災者への支援等について次のとおり申し入れます。

                              記

 1.人命・人家に関わる河川・水路・砂防等の緊急対策を直ちに講じるとともに、危険箇所の緊急点検・対策をおこない二次災害の防止に全力をあげること。
   外畑地域をはじめ土砂災害箇所や道路側溝に土砂や岩石が詰まっている箇所は、このままでは二次災害を引  き起こす可能性があることから、住民から強い不安が寄せられている。緊急の復旧対策を直ちに実施するとともに、恒久対策を急ぐこと。

 2.主要地方道大津南郷宇治線、国道422号線など生活道路の復旧に全力をあげること。またバス路線が復旧するまでの間、通院や買い物などのための足の確保を至急おこなうこと。

 3.森林崩壊・崖崩れなどの緊急調査、原因究明を進め、抜本対策を急ぐこと。公有地以外の山林などの対策については、所有者との協議・相談など適切な改善がはかれるようなしくみづくりを急ぐこと。

 4.季節的条件からも衛生体制の強化に努めること。浸水家屋の消毒の要望に応える体制を強め、乾いた箇所から順次実施できるようにすること。

 5.被災者の総合的な相談窓口を設置するとともに、緊急の生活支援金等を給付すること。被災者生活再建支援法や災害救助法の対象拡大を国に強く求めること。被災した住宅および生活再建のために市として独自の  措置を講じること。

 6.被災者(とりわけ高齢者、独居老人、既往症を持つ方)への訪問活動を引き続きおこない、命と健康を守るために積極的に支援を講じること。 精神的な疲労に対するカウンセリングの体制を整え、メンタル面での支援に努めること。

 7.近年の短時間集中型の大雨に備えて、雨水による被害を最小限にとどめるための対策を関係機関との連携協力で実施できるよう体制を強化すること。

                                        以上
2012.08.21 Tue l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 午前中、お盆の集中豪雨で被害に遭われた石山外畑の訪問に行ってきました。15日にすでに一回地元の議員や県委員会からお見舞いに行っていますが、友人のHさんがすんでおられるので、今回はふしき前県会議員と杉浦市議と3人で行きました。

道中、立木観音さんの入り口がくずれており、階段の手すりもなくなっていました。大きな岩が当たったのでしょう。   立木

 まずHさん宅へ。「今度いつまた土砂崩れがあるかと思うと心配で眠れない。早く抜本的な対策を」「バスがまだ通らないので通院にもいけない。何とか足の確保を」といわれていました。50センチほどの深さの濁流が流れてきて荷物の入っている方の家が床下浸水。消防団の方が50~60人来てくださって泥の掻き出しをしてくださり、本当に助かったと言われていました。近くではプロパンのボンベが破裂、火災が起こり、2軒の家が全焼。本当に怖かったと。  火事


 何軒か訪問して、今困っておられることはないかお聞きしました。先ほどの要望の他にも「消毒を早く」「農機具やエアコンなど使えなかったら買い換えなければ・・・壁の修理、ドアの修理など後が大変」とのこと。生活再建支援法など使えるのか、公的支援策が必要だと感じました。

ドア
扉を突き破って濁流が。      

             床下                                                       泥でいっぱいの床下、きれいに掻き出してもらいました。

 
    

 
2012.08.20 Mon l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 全教組合や新婦人が主催する緊急教育シンポ「いじめ・自殺を考える」に参加しました。勤労福祉センターの大ホールは参加者があふれ、関心の高さが表れていました。他府県からの教職員の参加もかなりあったようです。

 パネリストは、NPOで子ども電話相談を行う団体、中学校教師、弁護士、保護者と、様々な立場からの発言があり参考になりました。 

 フロアからの意見は様々で、同じ教職員からの厳しい声や教師の多忙さの現状を訴える声、大学生から見た閉鎖的な学校、いじめは犯罪かどうかなど議論が交わされました。

 実際小中学校でいじめにあった学生からは「いやなことをさせられても自分を大事にしてくれるグループで一緒にいるのが楽しいし親友だと思っている。このグループは自分の居心地の良い場所だった。今でも思い出すと気分が悪くなるがそのときは自分も相手もいじめとは思っていなかった。僕はいじめでなくいじりだと思いたい」と。

 多くの意見が出ましたが、みんな思っているのは、今後どうすればいいのか、自分たちに何ができるのかと言うことでした。その場で結論はでませんが、今日の議論を持ち帰り、それぞれの立場(場所)で話し合いを持つことを確認しました。

 この集会を持つことを決めた教職員組合の皆さんはかなりの葛藤と勇気がいったと思います。でも今必要な時期だと思われたのでしょう。出た意見を真摯に受け止め、今後に生かして欲しいと思います。
 党としても8月26日午後4時から光荘にてシンポジウムを行います。幅広い方に参加していただき、議論が深まればと思います。是非ご参加ください。
2012.08.13 Mon l かけある記 l コメント (1) トラックバック (0) l top
 昨日の朝は、近畿一斉駅頭宣伝で3つの駅をまわり、夕方は堅田駅へ。増税と解散総選挙が取引されるなんてあまりにも腹が立ち、マイクを持つ手に思わず力が入ります。自民党は増税は公約違反って言うてたのに結局増税に手を貸すなんて。増税したからまってましたと公共事業にお金をばらまくなんて。もっと宣伝して国民の皆さんに今の政治のおかしさを知ってもらいたい。

 その後はキンカン行動へ。大谷団地に非難されておられる南相馬の方は、現地とここを行ったり来たりしているこの状態では仕事が見つからないといっておられました。いわき市の方は、早くにあきらめて大津市民になったと。原発事故さえなければこんな悲しい思いをせずにすんだのに。二度と同じことを繰り返してはいけない。
こんな簡単なことがどうして政府にはわからないのか。経済界によっぽどおいしいことしてもらってるとしか思えない。
2012.08.11 Sat l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 2日間のうち初日は講義。二日目はグループワーク、うまくいかなかった質問をもとに、どういう質問なら良かったのか、まずかった点は?など出し合いました。振り返ってみると新しいことを学ぶというより、改めて大切なポイントを確認し合ったといった感じでしたが、他市の議員や自治体職員の方が助言に入ってくださったことで、新鮮な気持ちで、また他市の議会の様子も聞くことが出来てとっても参考になりました。

 議会がこうして外部?の人を呼んできてこういった研修が出来るなんて・・・「自分の市では絶対出来ません」なんて言われてましたが、私は学童保育の指導員をしていたときは、あたりまえのように自分たちの実践報告集を他都市の指導員に見てもらい、鋭い指摘?をしてもらっていたので、当たり前かと思ってました。そう思うと大津って進んでる?と少し嬉しくなりました。
2012.08.08 Wed l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 6、7日に中央公聴会、8日にも強行採決か?ということで、共産党は絶対廃案!の世論を高めようと、6日の朝7時頃から(又は夕方)JR、京阪各駅頭や大型スーパー前でビラを配って訴えました。結局今日8日は、国会は開かれず・・・どうなるのか期待と不安(^_^;)
2012.08.08 Wed l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 昨日は大津で2回目のキンカン(金曜・関電前&官邸前のつもり)行動、120人以上が集まった今朝の赤旗にも大きな写真が載ってました。来週は関電に申し入れを行うそうです。

 今回は、高島市の人たちがたくさん来られてました。「高島は、計画停電の範囲から除外されている・・・ってことは事故があったら被害が及ぶ地域だってこと!!絶対原発再稼働反対!」

 「今までキンカン行動に、大阪まで行ってたけど近くでするようになってうれしい!」という方も。来週はもっとたくさん誘って参加しようっておもいました。

kinnkan1.jpg kinnkann2.jpg
 


 
2012.08.04 Sat l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。