上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 昨日の夕方は、大津京駅で3日におこなわれる「消費税増税反対!県民大集会」の宣伝をおこないました。

 大型宣伝カーで、坪田いくお氏が訴え、私たちは3日のビラを配りながら消費税増税反対の署名をお願いしました。1時間でしたが多くの方が署名をしてくださいました。声をかけるとたくさんの青年が署名してくれ、「困るよな~」 買い物がえりの方は、「食料品だけでも消費税はかけないで欲しいわ」と、所得の少ない人にも同じようにかかる消費税のしくみに怒っておられる方が多かったです。なんとしても増税阻止を!

 夜は地域のグループホームの会議へ。いざというとき一番身近なところで頼りになる「自治会の防災組織のあり方」について議論がされました。唐崎の蓮池町のかたがお見えになっていて様々なご苦労をされながら取り組みをされているお話をお聞きしました。先日消防局の方ともお話しさせてもらったところでしたので、早くこうした取り組みが自治会同士で交流できるしくみが欲しいと思いました。

 末娘が今、石巻にボランティアに行っています。毎日の感動をメールで送ってきます。たった1週間ですが、少しは成長して帰ってくるかな。
 
スポンサーサイト
2012.05.30 Wed l かけある記 l コメント (0) トラックバック (1) l top
 行ってきましたよ~岡田副総理を迎えての「明日の安心」対話集会in滋賀。先着200名というので申し込んだら参加証がメールで届きました。 
 簡単に言えば、岡田さんが消費税増税を認めさせに来た集会。
 最初に30分ほど岡田さんからの説明があり、残りの45分間が質疑応答。質問はほとんどの方が消費税増税に批判的な発言で、ほら!やっぱり!ってうれしくなりました。

 岡田さんの一貫した答えは、今まで増税せずに来たからこんな借金を抱える日本になってしまった。だから増税しないと・・・の論。中小零細企業の方が、「我々は消費をが価格に転嫁できないんや!」て訴えても、「所得の低い人の負担が大きくなる!」と訴えても、「景気が悪いのに増税したらますます景気が悪くなる!」っと教えてあげても、「そういうて上げずにいると、日本は破綻する」の一点張り。

 「増税したら社会保障が充実する」と言いながら、一方では「支出抑制もしないとあかんので、年金を引き下げる」って。自分で矛盾を抱える発言やと気づかないんやろか?

 「所得の格差を是正?」
 アメリカのように、お金がある人とない人で受けられる医療内容が違うと言うことはなく、受益者負担でお金さえ払えば同じ医療が受けられるということだと言われましたが、これって結局お金がなかったら受けられないってことですよね・・・。

 後の世代に付けを残してはいけないということも盛んに言われていましたが、後の世代に付けを残すやり方です。
「大津は他の地域よりも消費税増税に対するご批判が多かったようです」と、最後に言われていましたが、時間がたつにつれて、消費税増税反対の世論と運動が広がってきている証明ではないでしょうか。「明日の安心対話集会」安心どころかより不安をかき立てられて帰ってきました。

 

 
2012.05.28 Mon l かけある記 l コメント (0) トラックバック (1) l top
 19日、日本共産党の演説会終了後、坪田、ふしき両氏にきてもらい、青年トーク集会を民青同盟と共催で企画しました。当日は様々な職種の青年が集まり、活気のある集会でした。

 介護の現場からは「職員不足と低賃金の問題の原因は?」
 
 医療事務に携わる青年はお願いですがと「医療費を滞納している方の生活実態をお聞きすると、請求するのに罪悪感を感じてしまう。何とか医療費の心配をせずに医療にかかれるしくみを」という発言がありました。

 他にも「原発なくすのに一番有効な方法は?」「共産党が伸びない理由は?「くらしの大変な人により添う共産党で、その人たちに新聞を読んでもらいたいといってるのになぜ日刊紙を値上げしたの?」「小沢さんも消費税増税反対といっているのに手をつながないのか?」「独裁政治、何でも反対の共産党といわれたとき、どう言って反論したらいい?」などなど多くの質問が出て、、すべての質問に答える時間がありませんでした。

 ふしきさん、坪田さんから、今の選挙制度のしくみ、社会保障削減路線で全体の介護予算のうち、国の占める割合がどんどん減らされてきたこと、原発ゼロの一番の早道は政府の決断であること、共産党は国民に不利益になることには反対はするが何でも反対ではなく、正しいことを言う政党であることなどが語られました。

 今度は20日に大阪でおこなわれた志位委員長の青年トークのDVDができればまたそれを見る集いをおこないたいと思います。

青年1   青年2








2012.05.21 Mon l かけある記 l コメント (0) トラックバック (1) l top
 15日の国保運営協議会の傍聴に行ってきました。今年の保険料ですが、一人平均1500円あまりの値上げ案が出されました。高齢者が増え、医療費の増加が見込まれるため、4億円の繰越金を投入してもなお厳しいと。

 この2年間で8600円あまりの引き下げを実現してきただけに残念です。大本は国が財政補助を減らしてきたことが大きな原因です。国に向けても制度の抜本的改善を求めると同時に、市に対しても生活保護基準を目安にした減免制度の充実を求めていきます。

 保険料を払うと生活がしていけない実態があることを大津市は知って欲しい。先日も大津市で、保険料を払って保険証を持っているにも関わらず、医療費がかかるとお医者さんに行かず、命を落とされた方がおられたとお聞きしたばかり。お金のあるなしで医療を受ける権利を奪ってはいけないと思います。
2012.05.17 Thu l かけある記 l コメント (0) トラックバック (1) l top
 19日(土)二時より大津市民会館で笠井亮さんを迎えて演説記をおこないます。坪田いくお、ふしきみちよさんもおはなしします。終了後、青年は「青年トーク集会」へ。お待ちしています。

 ビラを作るのに、改めて笠井さんってどんな人?ってみてみると、お母さんは広島で被爆されていて、平和・命を大切に活動されている原点はここにあるんだとわかりました。国会でのやらせメールでの追求は記憶に新しいところ。今の政治の閉塞感を打開する、展望のある話が聞けます。是非来てください。

 青年トーク集会は、つぼた・ふしき両氏が参加。青年から雇用、原発、消費税、学費問題など何でも思いや質問を出してもらい、両氏から答えてもらいます。楽しいく、実のある集会にしたいと思います。
2012.05.17 Thu l かけある記 l コメント (0) トラックバック (1) l top
 昨日は午前中、やまのこ広場(比叡平保育園・幼稚園の一体化施設)の見学に行かせてもらいました。昼食時の様子を見たくて。幼稚園も希望者は給食を提供するということでしたが、まだはじまったばかりなので、今は4,5歳児は遊戯室をランチルームにして幼稚園はお弁当、保育園は給食という形をとっておられました。スペースが広いのでそれぞれが別の空間という感じであまり給食だ、お弁当だと意識せず、子どもたちは食べていたように思います。こういう使い方が予想されていたのでしょう、遊戯室に手洗い設備とエレベーターが設置されており、職員の意見が反映されているように思いました。
 午睡の有無、登下校時間の対応、預かり保育など目に見える課題については先生方の努力により子どもたちはスムーズに生活できていると言うお話で子どもの様子からも大きな混乱はないように思いました。
 今は幼稚園と保育園との先生方が、子どもたちへの関わり方について、お互いこういったところを大切にしているんだといったことが勉強になっていると、いわれていました。普通落ちつくまでは最低1年はかかるだろうし、充実には3年ほどに時間はいると思います。努力されている保育内容が、こども子育て新システム導入で改悪されないよう見ていきたいと思います。

 午後からは議員団で先日開園された大江の「あおぞら保育園」を訪問しました。園長先生にお話をお聞きして園内を見学させていただきました。工夫されたスペースは贅沢だといわれているとのことでしたが、子どもたちの遊び心を大切にし、また食育を大切にしたいと調理室を軸にして保育室の配置を考えるなど、子どもの目線にたったよりよい子育てをめざす姿勢に学ばされました。

aozora.jpg   集合写真
2012.05.08 Tue l かけある記 l コメント (0) トラックバック (1) l top
 経済懇談会や演説会のお誘いをかねて、昨日はふしきさんと一緒に連休中ではありましたが、消費税増税が直接影響を及ぼす介護施設所など訪問しました。

 
 お話をお聞きできたところからは、

●グループホームやデイサービスは儲かってると思われていて今年から予算の配分を減らされた。処遇改善交付金が、介護保険の枠組み以外から出ていたのに、介護保険の枠組みに入ってしまった。金額はトントンだが、サービス利用料が増えて報酬下がった。でもいったん上げた賃金は下げられないし、結局事業所が苦しくなる。消費税あげられたら諸経費にかかってくるが、利用者は1割の枠の支払いなので、それ以上とれず事業所がかぶらなくてはいけない。ある事業所では、介護保険枠外で追加料金を取り出すことを始めている。

●社会福祉法人なので法人税などはかからず優遇してもらっている。しかし諸経費には消費税がかかる。送迎車など購入すれば負担は大きい。利用者からその分はとれないし苦しくなる。

 などの声があげられました。
 そして皆さん「儲けているところからもっと取るべき」というのは同感だと。
 大企業のため込み金を労働者の賃金にまわし、所得に応じた税負担を行うことなどで財政を立て直しを図っていくことが必要です。是非共産党の出した提言をお読みください。
2012.05.05 Sat l かけある記 l コメント (0) トラックバック (1) l top
 保育所に入れない子どもたちをなくす策の一つとして、大津市は家庭的保育事業(保育ママ)を行っています。
保育する場所は、一定の広さを確保していれば自宅でもよく、行うにあたり改修費の補助が出ます。以前、自宅の一室を開放して行っておられるところを訪問させてもらいましたが、こじんまりとして家族のように接しておられるのをみて、0~2歳児にとって落ち着いて生活できる場所だなと感じました。

 今回は空き部屋を使っての保育場所を訪問しました。外から見ると、看板が上がっているだけでやや殺風景な印象を受けましたが、中に入るとさすがに子どもたちが生活している部屋、可愛く壁面飾りもされ、遊び道具もいっぱい、保育園の一室そのもの。広さも確保されており予想以上でうれしくなりました。
 課題も含めてお話をお聞きすると、保育料は大津市の保育園の3分の2。その代わり、土曜日は閉所で、給食がなく、お弁当持参であること。(おやつは別途徴収して同じものを用意していると)保育時間は7時半から受け入れはしているが、登園してから8時間で延長料金は1時間800円。実際フルタイムで働くお母さんにとっては不十分であると。
 保育経験のある若い元気な保育士のかたで、保護者の方も安心して預けておられるだろうと思う反面、給食設備など不十分なこうした施設に頼るのではなく、あくまで待機児童対策としての策、本来は大津市としての最低基準を満たした保育園を増やす努力をすべきであると感じました。国の保育・子育て新システムでは様々な保育形態が予想され、不安を持っておられル保護者の方がたくさんおられます。大津市は国の動向を見て・・という受け身的な立場の発言です。「保育の質を下げない」といったからには国の進めていこうとする規制緩和に習うことなく、安心安全が確保され、女性が働き続けられる環境を整え、安心して子どもを産み育てられる大津市へと進んでいくことを求めます。
2012.05.03 Thu l かけある記 l コメント (0) トラックバック (1) l top
 今年も9時から公園前でビラをまきながら宣伝。ふしきさんと一緒にマイクで訴えました。多くの方から「それにしても今の政権はひどい!」と言う声をいただきます。
 この日も様々な職種の皆さんが、自分たちの今の要求「職員の定数削減やめよ」「秘密保全法反対」「消費税増税するな」「TPP参加反対!医療を守れ」などなどリレートークはいつも聞き応えがあります。
 改めて労働者、県民の「団結」を強め、生活と権利が守れる平和と民主主義の日本を目指して大きな志でがんばろうと思います。

メーデー会場前でふしきさんと   DSCN2671_convert_20120503043948.jpg


2012.05.03 Thu l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
13日の午後2時よりコラボしがに山下よしき参議院議員を迎えて経済懇談会を行います。「消費税増税なしに財政危機打開」の共産党の提言のお話をさせていただきます。是非皆さんお越しください。懇談会の呼びかけに、今、団体訪問をしています。今までお誘いしたことのないところへも声をかけさせていただき、ご意見などお聞きしています。

 NTTなどの民主党系の団体にも案内を送らせていただき、訪問し「是非提言を読んでください」というと、「郵便で受け取っています。どうしたのかとびっくりしました。読ませてもらいます。」といわれていました。

 建築組合のかたは「消費税増税もTPP参加も反対。高齢の大工さんは、山に木を切り出しにも出ている。日本の木材は何を話しているかわかるが、外国の木材はわからない(笑)日本の木材守りたい。」といわれていました。

 病院では、「病院は1年間に2千万円から大きい病院では3億円の消費税を支払っている。電子カルテや医療機器の導入で電気使用量が増えているのに電気代が値上げされ、消費税も倍になれば病院がつぶれてしまう」といわれていました。TPP参加については 「TPPに参加すれば、今まで以上に外国から多くの薬や医療機器が輸入され、日本の製薬会社や先進機器、高額医療機器を扱う会社はつぶれてしまう」と。

 商店街では「今でもシャッターが閉まっている店が増えているのに消費税増税なんてとんでもない」と。

 今こそ多くの方に提言のダイジェスト版をお渡しして共産党の提言を宣伝したいと思っています。
2012.05.02 Wed l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。