上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
① 昨日、早朝より「毛虫が大量発生!」で、ふしきさんと宣伝後すぐに訪問。

② 金曜の夕方に、事務所そばにお住まいの方が、マンホールが道路より3センチも盛り上がっていて、バイクで当  たってこけてしまった。

③ 地域で悪臭が続き、近くにお住まいの方は、頭が痛くなり窓も開けられない。

 どれも対応が急がれます。昨日は、朝から議会運営委員会があり、9月議会に提出される議案の説明会がありましたが、合間をぬって担当課に対応をお願いしました。議会前の忙しい中でしたが、早速丁寧に対応していただいたようで、市民の方が喜んでおられました。
 そのほかにも高層マンションによる地デジの電波障害のこと、公園の野良猫問題・・・などなど生活している中でのいろんな相談があります。解決できないこともありますが、多くの方の意見や要望などお聞きしたいと思っています。
 
スポンサーサイト
2011.08.30 Tue l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 昨日は、来年度から使用される小中学校の教科書用図書の採択についての教育委員会の臨時議会が行われました。心配されていた、中学校の歴史・公民の教科書で、「つくる会」系の「自由社」「育鵬社」の教科書は採択されず、両方とも今と同じ「東京書籍」の教科書が採択されました。
 緊張して傍聴に行ってきましたが、ホッ(^o^)としましたやっぱり侵略戦争を美化し、憲法の精神をゆがめる教科書で子どもが勉強するなんて絶対あってはなりません。40名くらいの方が傍聴に来られていました。ちなみに中学校の教科書で前回と変更があったのは、書写、理科、美術、技術家庭の家庭分野の4社でした。

 前回の議事録をもとに、今回の議事録、作ってみました。

平成23年教育委員会臨時会
日時:2011年8月29日(月)午後2時から2時30分(実際は20分くらいで終わったかな)
 場所:新館7階 大会議室
 
 今年度は平成24年度から使用する中学校の教科用図書の採択を行うこととなっており、本市の所属する滋賀県第1採択地区においても、県教育委員会の指導助言のもと、『適正かつ公正な採択の実施』を基本方針に採択作業が進められてきました。
 教科用図書については、最終的には各市町教育委員会において採択しなければなりませんので、我々もその責任の大きさを重く受け止め、的確な判断ができるよう努めてまいったところです。たくさんの選定資料をもとに、繰り返し教科書見本を閲覧し、十分な検証を進めてきた結果、本日、採択の日を迎えられたわけでございます。
 また、あわせて平成24年度に使用する小学校の教科用図書および特別支援学級で使用する一般図書等の採択も行うこととなっています。
 
 それでは、議案の審議に入ります。議案第44号について、学校教育課から提案願います。
 議案第44号、平成24年度使用小中学校教科用図書の採択について、ご説明申し上げます。
<資料にて説明>
中学校の教科書についてでございますが、大津市教科用図書採択協議会より推薦のありました教科用図書の発行者名については、お手元の資料1のとおりです。
 国語は光村図書出版株式会社、書写は東京書籍株式会社、社会・地理的分野は株式会社帝国書院、社会・歴史的分野は東京書籍株式会社、社会・公民的分野は東京書籍株式会社、地図は株式会社帝国書院、数学は大日本図書株式会社、理科は第1分野、第2分野とも大日本図書株式会社、音楽は音楽一般、器楽合奏とも株式会社教育芸術社、美術は光村図書出版株式会社、保健体育は株式会社学研教育みらい、技術・家庭は、技術分野は開隆堂出版株式会社、、家庭分野は東京書籍株式会社、英語は東京書籍株式会社、がそれぞれ推薦図書として決定されました。

 次に、学校教育法附則第9条の規定による特別支援学級で使用することができる教科用図書いわゆる一般図書についてでございます。この一般図書は年度毎に新たな採択を行うことが可能であるとされております。本市では、この一般図書についても、調査研究を行い見直し作業を行っており、例年12月頃に文部科学省から県教委を通じて、発行停止や絶版のあった図書等の通知がありますので、資料3の中で該当の図書がありました場合には、再度おはかりさせていただく必要があります。これらのことから、大津市教科用図書採択協議会では、4社の図書を推薦図書とする確認をいただきました。
 1年美術は偕成社、2年美術は資格デザイン研究社、3年技術家庭は少年写真新聞社、3年英語は三省堂がそれぞれ推薦図書として決定されました。
 なお、各学年各教科のA段階におきましては通常学級用の教科用図書を使用することになりますが、弱視学級の児童生徒に対しましては、この通常学級用の教科用図書の文字を拡大した「拡大教科書」や文字を点訳した「点字教科書」を使用できるようにと考えております。

 次に、昨年度採択いたしました小学校の教科用図書についてでございますが、法令により原則として4年間の採択期間においては、同じ教科用図書を採択することとなっておりますので、資料2のとおりに現在使用している教科書を平成24年度も大津市教科用図書採択協議会の推薦図書として確認をいただきました。

議案第44号について、特に中学校の教科用図書については、先日おこなわれた大津市教科用図書採択協議会でも協議してきたところですが、更に付け加えてのご意見やご質問等はございますか。
(なし)
それでは、採決します。原案どおり議決することにつき、賛成の方は挙手を願います。
(挙手全員)
挙手全員でございますので、議案第44号、全会一致で原案どおり議決します。(これで終わります)
2011.08.30 Tue l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今は健常者でも就職先がないのに障害者はもっとないよね・・・そんなあきらめの声がこの間出ています。
 
 でも卒業後の福祉的な事業所(作業所のようなところ)の進路先、そして一般就労したい障害者の方の就労先、どちらも非常に深刻です。実際、特別支援学校の卒業生の数や就労希望先を調べると、2年後には行き場が無くなりそうです。
 昨日は一般就労されていたかたが、賃金待遇面でかなり差別を受けていたというお話をお聞きしました。嘉田知事は、障害者の雇用率が滋賀県はよくないことから、今後改善していくと話していましたが、この不況の中、本気で取り組んでもらわないと、企業もリスクのある障害者をそう簡単には採用しません。「どうして県は大津でも就職説明会を開いてくれないのか、障害があるからこそそんな遠いところへいけない」と訴えておられました。

 大津市も障害者プランの見直しがされています。来年度、具体的な数値が出されますがそこにもしっかりと反映させてもらえるよう求めていきます。
2011.08.29 Mon l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 生活相談は随時お受けするのですが、3ヶ月に一回、チラシを巻いて、ふしき石黒事務所で行ってきました。ビラを見て相談にこられる方もおられます。地デジの問題は、政府は「思ったより混乱は少ない」といっていますが、相談は地デジ移行後数件あり、マンションとの電波障害のトラブルや、大家さんとのトラブルなど、デジサポが対応しない困りごとがたくさんあるのではないかと思います。こうしたことを解決するため少しでもお手伝いができればと思います。いつでもどうぞ。
2011.08.29 Mon l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 8月26,27日は京都生活保護問題で議員研修会があり、佐々木市議と一緒に参加してきました。今年は「大震災と生存権」をテーマに話が進められました。講師の先生が口をそろえて言われていたのが、「復興事業のテンポがあまりにも遅すぎる」「被災者の声を反映した復興事業を」ということでした。現地へ行き、被災者の話を聞けば聞くほど震災のすごさがわかると言われていました。

 もう一つ印象に残ったのが、NHK解説委員の方が映像を流された無縁社会」です。家族も顧みず、誇りを持って大企業で働き続けてきた結果、妻とも離婚し、退職すると誰ともつながりもなくなってたたった一人になってしまった。この方は、一人が怖くて老人ホームに入所されましたが、「俺は三菱だ!と誇りを持って働いてきたのは何だったんだ」といっておられました。
 ほかにも結婚せず、働き続け、退職するとどことも縁が切れてしまった。いろんな理由でそういった無縁社会に生きる人が「行旅死亡人」となって、死んでも引き取り手が無く、行政が埋葬する。「結局ゴミですよね」といわれていたのが心に突き刺さりました。地縁・血縁・社縁切れ、こういった人1年で3万2千人もおられます。

 遺体を処理するビジネスが出てきている。つながりがないから保証人代行ビジネス、電話相談のサービスなどがどんどんと・・・。2030年までに4人に1人、全世帯の4分の1が単身になるそうです。東京では2世帯に1人が。年寄りではなく、若い人の単身が普通の世の中に。
 こういう社会になることはわかっていたのに、それを前提にした社会の仕組みが作られていないことが最大の問題点だと言われていました。

 震災の中で、つながりや絆の大切さが言われ、結婚願望が急増したとも言われています。こうしてつながりを求めるの感情というのは普通ではないのか。今の社会では未婚率が男性は3人に1人、女性では4人に1人となるそうです。リストラ・非正規雇用で会社でも使い捨て、いらなくなればクビになるから会社への忠誠心もいらない。これからどんどんと無縁社会に生きる人が増えてくるだろうと。「新しい縁」を作ることを社会全体で取り組まなくてはなりません。

 分化会では、基本的な生活保護の制度を学び直し、生活保護は生きる権利を守る大切な制度であること、そして生活保護の基準額は、その対象者だけでなく、非課税限度額など様々な制度にリンクするため引き下げがあってはならないことを確認し合いました。この学習を実践に生かしたいです。

  DSCN2255.jpg
京都教育文化センターで                           DSCN2251.jpg
2011.08.28 Sun l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 ブログを書きそびれてしまいました。書こうと思うと睡魔に負けてしまい・・・
ついついまとめて書いてしまうことをお許しください。今日は、草津市議選の応援に行ってきました。9月4日告示、11日投票です。私は新人のしのはらともこさんの地域で、街頭宣伝を知ってきました。
 暑い日でしたのではじめは人もあまりいなくて反応が少なくて心配しましたが、さすが前県会議員の西川仁さんの家の近くのくると、車から手を振ってくださったり、会釈をして行かれる方もいて、さすがやなぁ~と感じました。投票日まであと2週間。議会が始まり、思うように応援に行けないのが心苦しのですが、なんとしても議席増を勝ち取るため、草津の知り合いにも支持のお願いをしようと思っています。
2011.08.28 Sun l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 昨日は大津市のゴミ問題を考える会で、京都の深草にある「京(みやこ)エコロジーセンター」の見学に行きました。できて10年と言われていましたが、京都市はゴミ有料化が平成18年ですから、ゴミ減量をはじめとするエコ施策を推進しつつゴミ減量のため、有料化を実施するという??市民が納得したのでしょうか。ゴミ有料化されたというものの、京都市が環境保全のため様々なエコの取り組みを推進している、自治体としての意気込みを感じました。
 有料化で市民が負担したお金は、大津の考えているようにゴミ処理費用に使うのではなく、ゴミ減量の施策推進のために使っているとのことでした。

 時代を追うごとにゴミの量は増え、石油系(プラスチック)や食品、紙類が増えてきます。日本の面積の7割を占める森林地帯。木材がもっと活用できればゴミは減る・・という説明でしたが、やはり木材よりプラスチックの方が安価なため私たちもついついそちらを買ってしまう、またそういった方向で経済成長を応援してきた政治の責任があると思います。私たちが環境を守るためには何を選ぶのか、もっと賢くならないといけないと思いました。

 当面、できることはやはり有料化しなくてもゴミは減量できる、この取り組みを多くの人に知らせ、広げていく、そして大津市もその気になって率先してゴミ減量の取り組みを進めるよう、市民、事業所も一緒になって運動を進める必要を感じました。

DSCN2227.jpg
DSCN2229.jpg
2011.08.20 Sat l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今日は66回目の終戦記念日。昨日一昨日と、お盆休みを頂いてお墓参りなど行ってきました。今日から再稼働?です。
 午前中は、塚本市議と大津北部を宣伝カーで回り、堅田と坂本平和堂前では街頭で訴えました。暑かったですが車から手を振ってくれる人もいて、元気をもらいます。
 
 お昼は県庁前で、後期高齢者医療制度を廃止せよと年金者組合の皆さんを中心とした座り込み行動に参加。炎天下の中、約80名の集会。体調が心配されましたが、発言された母親連絡会の方たちは、「ここにくる前、草津駅で終戦記念日の宣伝をしてからきた。」と元気いっぱい。そしてこのあと、パルコ前の集会にも!

 2時からはパルコ前に穀田衆議院議員が終戦記念日にあたっての街頭演説にこられ、そこに急いで向かいました。久しぶりに学童保育指導員時代の恩師に会えて嬉しかったです。毎年くる終戦記念日。今年は特に東日本大震災の原発事故と重なり、核兵器廃絶、原発撤退に向けての気持ちが高まりました。

   後期高齢者医療制度廃止の集会(県庁前)   
 DSCN2213.jpg

                  穀田衆議院議員の終戦記念日にあたっての街頭演説(パルコ前)
                     DSCN2217.jpg
  
2011.08.15 Mon l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 3月11日から5ヶ月が経ちました。昨日11日はジャスコ前で、滋賀・ながら・中央学区後援会の方とふしきみちよ県副委員長と一緒に原発ゼロを求める署名を行いました。

 毎月、署名活動は行っているのですが、昨日は自分から駆け寄ってこられる方や子連れのお母さんからもたくさん署名していただき、皆さんの原発はやめて自然エネルギーを活用すべきといった思いが大きくなっていると感じました。被災地では8万人以上の方が、未だ避難生活をされています。仮設住宅があまりに不便な場所なので、買い物にも行けないと、住宅が当たったにも関わらず、断った方もおられるそうです。復興事業についてはまず、住民の目線にたって行うべきです。

   DSCN2207.jpg           DSCN2201.jpg
2011.08.12 Fri l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
6日は朝8時、三井寺での原爆犠牲者慰霊法要に参加しました。毎年参加させてもらいますが、いつも何故か晴天でじりじりと太陽が照りつけます。66年前のこの日もそうだっただろうと平和への想いが募ります。

 今年は、東日本大震災での福島原発事故があり、多くのかたたちと放射能についても話してきました。広島出身の方からは、「子どもの頃、母が”放射能は布団をかぶっても防げないんだ”と言ったのが怖くて眠れなかった」と言われていました。そして「原爆が落ちたとき、放射能汚染についての記録があるはず。なのに今回の福島原発事故”初めての経験でわからない”なんておかしいではないか」と言われる方もいました。

 政府は都合の悪い資料は隠蔽してしまいます。

 1日の党創立89周年記念講演の中で、志位委員長が話していたのは、
「政府は、1960年に、茨城県東海村で50万キロワットの原発が重大事故を起こしたさいの被害推定を行ったら、数百人の死者、数千人の放射能障害者、400万人の放射能被害による要観察者が生じうる。損害額は、当時の日本の国家予算の2倍以上、3兆7300億円にのぼることがわかった。
 
 あまりにも被害が大きいので政府は、この数字を隠しつづけてきた。これが19年後、日本共産党の努力で掘り起こされ、「赤旗」でスクープされた。そして政府がこれを認めたのは、さらに20年たった1999年のことだと。

 本当に信じていいのか、正確な情報がほしい。これがこの間の被災地の方を初めとする国民の声です。

 2011.8.6⑤
2011.08.08 Mon l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
7月23~25日まで、奈良県で開催された自治体学校に参加してきました。被災地の自治体職員の方から、現地での実態が報告され、復興までには長い時間がかかると、改めて国あげての支援の必要性を感じました。

東日本大震災からまもなく5ヶ月に・・・
 
復興構想会議で出てきたのは「復興税」と「創造的復興」
阪神淡路大震災での創造的復興は、住民の生活・なりわいの再建のための十分な救済をしなかったため、多くの方が仕事を失い、仮設住宅での孤独死という痛ましい事件が起こりました。民主党政権は、菅首相に変わってから新自由主義の道を突き進むことになり、「社会保障と税の一体改革」として、2010年半ばまでに消費税を10%まで引き上げる方針を決定しました。これはまさに被災者・中小零細業者にとって重い負担になります。日本共産党は消費税増税はやめて、大企業・大資産家の減税をもに戻すなど国民に負担のない財源確保を求めます。被災者の人権・人間としての尊厳の復興を求めて力を尽くします。
 

原発はいらない
 ~今、82%の人がそう願っています~

安全性が確立されていない原発はなくし、自然エネルギーへの転換が求められています。
自治体学校では飯田市や淀川区の市民共同発電所のとりくみが報告されました。補助金の増額と併せて電力買い取り制度の充実が、普及の大きな力になります。日本の自然エネルギーの発電能力は原発の40倍です。市民レベルにとどまらず、自治体や国が一緒になって自然エネルギーの活用方法を考えていく必要があるのではないでしょうか。             
2011.08.04 Thu l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
~弱者置き去り・説明不足に怒りの声~

「わかってたけどぎりぎりになってチューナーを買いに行ったら、どこも売り切れ!」
「地デジにしたら、画面の両端が黒枠に!そんな説明聞いてない!」
「地デジ対応のテレビなのに、うつらない!」
 予想外の困りごとの声をお聞きします。安いチューナーは、値をつり上げるため?今は出荷されず、8月10日まで待てば、店頭に並ぶだろうとお聞きしました。
すでに何年も前に地デジ対応のテレビを買われていた方は、アンテナの差し込み口を変えること、テレビの設定をUHFにすることが必要です。
衛星放送や、ケーブルテレビを設置されているご家庭は、チューナーがなくても、アナログ変換サービスが2015年3月まで使えますが、毎月料金がかかります。また、DVD録画デッキにはチューナーが内蔵されているのでこれでも対応できますがこれも3~4万円?かかります。
 それでも全くみられない場合は、本人が直接身分証明書と印鑑を持って市役所のデジサポ相談室へ行けば、3ヶ月間、無料でチューナーの貸し出しをしています。(返すときの送料は自己負担)

○相談窓口は
 コールセンター  077-503-0101
 デジサポ相談  8月26日(金)まで新館ロビーにて(月曜から金曜までの勤務時間内)

地デジ難民は10万世帯とも20万世帯ともいわれます。政府は実態すら掌握していません。一斉の打ち切りがテレビ難民を出すことになると共産党は「延期」を求めてきました。とても完全移行とはいえない今の状態は放送局が利益優先で地デジを進めてきた結果です。
 
2011.08.04 Thu l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。