上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 昨日は、国保をよくする会の皆さんと担当課との懇談があり、私も参加しました。少しでも国保事業が改善されるようにと毎年行われています。

 民商の方は、零細業者は収入が激減し、減免してもらっても払えない。不況減免がほしいと。

 診療所の職員さんからは、相談に来られる方は、派遣切り、低所得がおもだが、国保だけでなく働いておられる方も所得が低く、医療にかかれない。滞納は国保料だけでなく、市税県民税、公共料金といくつもの滞納があり借金に追われている・・・といった現状が報告されました。

 担当課は休日や夜間も含めて実情を聞いて行きたい。払えない人の保険料まで払える人が払うという保険料の計算の仕方は、国の算定方式なので変えられない。その分収納率の向上に努力していくと。

 国保の広域化については、方向としては賛成だが、市民負担の部分でまだ数字が出されていないので何ともいえないと。

 44条減免(医療費の真一部負担金の減免)については国の示された基準で県下いっせいに始めたいとのことでした。

 どちらにしろ国がこの間補助金を大きく減らしてきたことが問題。国保制度自体の問題点もあると当局も再三いわれてました。国へ向けて大きな運動を起こさなくてはなかなか国保問題は解決できないな~というのを感じました。でも国保料を引き下げている自治体もあるのですからそれが無理でも本当に困っている人に何とか手立てが打てないのかと思います。
スポンサーサイト
2010.10.30 Sat l かけある記 l コメント (1) トラックバック (0) l top
 一昨日医師会との懇談で地域医療について考えさせられたところですが・・・

 昨日は義父の兄の告別式でした。97歳でした。この夏の暑さで体調を崩し入院、体力がないためそのまま老衰と言うことでした。告別式では普段なかなか会えない親戚、いとことも会うことができ、何十年ぶりやろ!と、話が弾み??
 榛原の里でお世話になっている義母も連れて行きましたが、外出すると、いつもトイレ介助がなかなか大変です。スペースが狭いと身動きがとれません。こういった葬儀場は、特に高齢者の方も多く来られるので、配慮してほしいな~と思いました。義母だけでなく、介助が必要な方が多く、私は1日ヘルパーのようでした。社会全体でこれからどんどん進んでいく高齢者社会についてもっと真剣に考えなくては・・・といつも母の面倒を見てくれている義弟と話をしながら帰途につきました。
2010.10.29 Fri l つぶやき l コメント (0) トラックバック (0) l top
大津医師会と議員の懇談会
 朝の宣伝で、「さむいやろ〜」と、読者の方から、ホカロンの差し入れがありました。ありがとうございます。

 昨日は毎年恒例の医師会との懇談会。私は毎年参加しています。今年は、継続して取り組まれている危機管理、そして今必要とされている在宅医療について、公費助成がすすめられているワクチン予防についての現状と課題をお聞かせ頂き、意見交換しました。

 皆さん現場の先生ですので、実際自分が往診していて、どうにも解決できないもどかしさを話され、だからこそ今、病院、行政、地域、施設など、いろんな立場の人が一緒に考えることのできるネットワークが必要だと言われていました。包括支援センターが、その役割を担ってるのではないのかとの質問には、包括は、少人数で仕事内容も多岐にわたっており、実際地域ケアプランセンターになっているとの指摘もありました。

 ワクチン接種についても、世界の中でも日本が予防事業に関して大きく遅れていることから、お金がないことで接種できないことがないよう、大津市も国の制度に先立って予算をつけてほしいと言われていました。

 議員ができることは何か?行政を動かし必要なところに思い切って予算をつけせすことも含め、党派を超えた行動も必要かと。
2010.10.28 Thu l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 テレビで今日は寒いといわれてましたが、それほど気にせず大津駅に朝の宣伝に出かけると、寒い!わたしはかなりの寒がりなので、足先と手先がしびれてきました。そのまま出勤したのですが、寒いと頭の機能も停止?してしまうので、猛烈に眠くなってきて午前中はずっと調子が優れませんでした。

 昨日の夕方は、消費税各界連絡会の方と西友前で消費税10%の中止を求める署名を集めました。高齢者が多いので「ほんとに困る」と消費税上げないでというのは切実な願いです。「せめて食料品だけでも非課税に」の思いを実現したいです。

 今日は生活保護が受けられるようになったと相談に乗った方から連絡が入り、ほっとしました。生活相談が跡を絶ちません。相談に来られる方の約半数の方が、苦しさに耐えられずに精神を病んでおられます。気持ちをくみつつ、少しでも安心してもらえるように話をしようと気をつけています。
2010.10.26 Tue l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 母親大会で、小森陽一さんのお話をお聞きしました。9条の会事務局の方なので、もっと堅い話かと思いましたが、今の子どもたちの現状から、憲法の大切さを訴えられました。

 虐待が増えているのは個人の責任のように取り上げられているが、今は虐待が「社会的放置状態」になっていると。立ち入る調査ができるように制度が変えられたにもかかわらず、この1年で立ち入り調査はたったの1件。

 虐待の原因は孤立。みなさん、公が何とかしてくれると思っていませんか。「もし私が子どもの泣き声を聞いたら・・・」と考えることが大切。先日のマンションでの子ども2人が放置され命を失った事件。「教育子育て9条の会の」てるおかとしこさんは、「もし私が子どもの泣き声を聞いたら、ベランダ伝いに部屋に行き、バットで窓を割って入り、子どもを連れて帰り、ご飯を食べさせ、身なりをきれいにしてから然るべき所に連絡する」と。実際は児童相談所も訪問したが出会えなかった、近所の方も、泣き声を聞き、児童相談所に連絡をしているがしてしまうとそれで知らん顔をしていなかったか?  そう問いかけられています。

 子どもたちに自己責任論は適応できない。なぜならどんな家庭に生まれ、どんな父母がいいかなど子どもたちは選べないから。だから、社会全体で子どもに対して責任を持たなければならない。「私の問題」として捉えないといけない。

 憲法25条の生存権、26条の教育権、この実現のための責任は国である。社会全体で子どもを育てるという視点に立っているからこそ子ども手当は収入に関係なく支払われたのではないのか。高校の授業料無償化もそう。高校へ行けないと、今就職はかなり困難。貧困で行けない子がいてはならない。この考えなら私立高校も無償化にすべき。だって行きたくて私立へ行った訳じゃない子もたくさんいるから。

 限られたこの財源を福祉に使うのか軍事費に使うのか。軍事国家アメリカは、軍事費に使っているから、最大の貧困国なんだ。日本も1両10億円もの90式戦車を13両もアメリカ言いなりで作っていること自体がおかしい。このままではアメリカのように貧困国になってしまう。

 今一度憲法を学習し、今の生活に当てはめてみたいと思いました。
 
 余談ですが、この大会に大津市から来賓としてこられた結城慶一さん(と紹介されてはりました)の、来賓の挨拶はこの大会の趣旨にそった内容で、丁寧でよかったなぁとおもいました。一応市長の挨拶の代読ですが、結城さんが考えられたのでしょうか。そして午前の部、小森さんの話を最後まで聞かれていたことにもちょっと感動しました。大概は、挨拶だけで帰ってしまわれるので。感想聞きたいです。
2010.10.25 Mon l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 景気悪化の中で、財政健全化のために行政改革プランを初め、全国の自治体で様々な計画が立てられています。大津市も先進地の施策を参考にしようと、私の所属する総務常任委員会は千葉県の千葉市・柏市・船橋市に視察に行きました。千葉市では「公共施設の使用料の設定基準について」、柏市では「消防訓練施設について」、船橋市では「市税など公金徴収一元化の対策について」、それぞれお話をうかがってきました。

◎施設の使用料の基準を決めて、使用料が上 がったところでの利用は減っていないか?
 減免制度はおこなわれているのか?
◎財政難の時、消防の大切さをどう理解して もらい、これだけの予算が付いたのか?
 市民の消防施設利用はどうしているのか?
◎市税滞納者の差し押さえは実際生活費にまで及ぶことはないか?
◎非正規の職員が増えるなかで、個人情報の管理や研修の充実はどうなっているのか?

など、多くの質問もさせてもらいました。
 大津市では中期財政計画の見直しのなかで使用料を毎年5千万円ずつ、6年間増やしていく計画をたてています。昨年は上下水道料金が値上げされ、今回は施設使用料を見直して値上げしようとしています。差し押さえも実際、生活費にまで食い込むようなことがおこなわれ、相談に駆け込んでこられる方もおられます。
 私たち日本共産党は、財政健全化計画のもとで、受益者負担だと市民負担を増やし、経費削減のために公的施設が委託や指定管理者制度になり、正規職員が減らされた結果、市民サービスが切り下げられることがあってはならないと思っています。これからも市民が主人公、暮らし応援の大津市政を作るために力をつくします。
2010.10.22 Fri l 議会報告 l コメント (0) トラックバック (0) l top
10/20(水)毎日新聞夕刊の1面に、国保医療費の減免が滋賀県を含む11県でまったく行われていないという記事が掲載されていました。
 9月に国が減免の基準を回生したことを受けた報道の一環で、「滋賀県内の市町は県に対し、国に合わせた共通の基準作りを求める方向」だとのことです。

 実は3日ほど前に、私のすすめのもとで、44条の減免の申請を支所にされた方から「こんな書類見たことない。誰からもらったのか?」と聴かれ、怒って私に電話してこられました。しばらくすると、本庁から、「この申請は初めてですので後ほどまたお返事します」と言って電話番号を聞いてこられたと言われていました。まだまだ役所の中でも周知されていない、日本共産党大津市会議員団は、何年も前から役所や医療機関の窓口に44条減免申請用紙を置いてほしいと言ってるのに、現場は全く知らなかったんだとがっかり。でも今度のこういった記事などで少しは浸透するかも・・・
2010.10.22 Fri l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 日曜日は4年に1回の滋賀赤旗まつりが開催されました。お天気にも恵まれ、楽しい一日を過ごすことができました。山下よしき参議院議員も応援に来られて、文化後援会が企画された「事業仕分けの政治漫才」の仕分け人で登場して熱弁をふるっておられました。景気づけの餅つきも行われ、4月の一斉地方選挙に向けて気持ちが盛り上がったのではと思います。私は綿菓子づくりに励み・・・だいぶ上手になりました〜
2010.10.20 Wed l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 さっきまで、明日の滋賀赤旗まつりの宣伝にいってました。明日17日の日曜日、午前10時から膳所公園です。4年に1回、一斉地方選挙にあわせての開催です。模擬店やミニSL、舞台コーナーも充実しています。山下よしき参議院議員も話しをされます。ぜひ、皆さん誘い合わせてきてくださいね。ちなみに私とこの地域後援会は、焼きそば、生ビール、綿菓子、炊き込みご飯にフリーマーケット・・・やったかな?天気も良さそうなので、楽しみです。ぜひお立ち寄りください。

 昨日は、保険料の滞納で、資格証明書だった方が、具合が悪くなられ、短期保険証の交付をしてもらいました。以前、お医者さんに行きたいので短期の保険証を、と市役所に相談に行かれたのですが、いわゆる「悪質」の方で、「緊急性が感じられない」ため、「継続治療が必要という証明があれば交付する」ということで、1回目の受診は10割負担でいかなければならず、本人さんは病院に行かれませんでした。先日その方が数日寝込んでおられると聞き、こればどうにかしないと・・・と、とにかく病院に行ってもらい、継続治療の診断書を持って市役所へ行き、短期保険証を交付してもらいました。歯もがたがたで、「これで歯医者さんにも行ける」といわれていました。。一人暮らしの男性なので具合が悪くなると買い物にも行けず、胃が痛くて食欲がないので冷蔵庫のものを探すのも面倒で結局食べずに過ごされたりしておられたようなので、早く元気になって食欲が出ればいいのにと思います。
 ちょっとだけ納得できないのは、65歳になられたときから現年度の保険料は年金から天引きで引かれているので、「お医者さんに行きたければ保険証は発行できないのか」と聞くと、「滞納額の半分を納めて頂かないと」ということでした。制度的にはそうなのですが、全く納めなくても現年度は納めていても同じ資格証明者なら、もうはらわへん・・といいたくなるのではないかな~と思うのですがどうおもわれますか。
2010.10.16 Sat l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 私たちの仕事は曜日に関係なく、日曜や祝日の方が忙しいときもあるのですが、この3連休は私の誕生日だということもあって、できるだけ家にいることにしました。

 9日が誕生日で(*^_^*)半日は会議でしたが、夜は唐崎学童の元保護者の人たちとOB会の打ち合わせを兼ねて夕食を食べに行きました。10日は大津まつりで、ふしき石黒事務所の前を山鉾が通るので、多くの方が立ち寄っていかれて賑やかでした。

 決算委員会のまとめや来年度の政策要望を作りつつ、半年ぶりに美容院にも行ったし、娘・息子と買い物にも出かけたし・・・明日からはまた生活相談の対応などで忙しくなりそうです。
2010.10.12 Tue l つぶやき l コメント (0) トラックバック (0) l top
先日高齢者の方からお手紙を頂きました。
「京阪石坂線では、通勤時間帯以外は、車掌欠乗で運行しているため、地震・事故・車内での異変があったとき心配だ」
という内容でした。

ちょうど10月5日に、人身事故があったところで、現状を把握する必要があると思い、京阪電鉄にお話をお聞きしてきました。

そこでの説明は、

◎平成15年から石山~坂本を、定員の150%以上の時には列車防護要員(車掌)を乗せるということで
 ワンマンカ ーの許可をもらった。現実は、午前7時過ぎから9時までは2人体制になっている。

◎事故などで緊急に電車から降りなくてはならないような時も、第二の事故を防ぐために途中、線路上ではおろさ ない。もよりの駅で降りていただく。

◎緊急時は、無線電話で運転指令所(浜大津)に連絡を取り、適切な指示が受けられるようになっている。警察や 消防とも連携がスムーズにとれている。

◎近江神宮と四ノ宮に、助役以上の職員が配置されており、緊急時はすぐに駆けつける体制をとっている。
 
 このように、まず、利用者の安全が確保できるように努力していると言われていました。
 
 車内でのケンカやからみなどで困ったということはないかとお聞きすると、今の時代、殴っても殴り返さない相手に暴力をふるう人が増えており、そういう意味でストレス発散のはけ口が駅員に向けられているとのことで、びっくりしました。
 
 大津市も高齢化社会になり、車中心の生活から、電車やバスなど公共交通の充実を望む声が大きくなっています。しかしバス会社や鉄道業者の経営は苦しく、赤字運営で本数を減らしたり、廃止してしまうところも出ています。その中で、京阪電車は7.5分に1本(日中は15分に1本の所も)というように利便性の向上に努力し、このところ少しづつですが乗客数も増加しているそうです。しかし一方では、石坂線にはまだ転落防止策が設置されておらず、心配な面も残されています。改善を求めて京阪電鉄との懇談なども必要であればおこなっていきたいと思います。京阪電車に対するみなさんのご意見、ご要望などをお聞かせください。
2010.10.08 Fri l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

 昨日は、久しぶりにふしきさんと宣伝カーで街頭宣伝にでました。マイクで訴えていると、男性が宣伝カーに寄ってこられました。何を言われるのかどきっとしていると、その男性は「やっぱり共産党やな。俺は親が共産党で、赤旗新聞も取ってるんや、でも絶対民主党で政治が絶対変わると思って民主党に入れた、でもあかんかったわ。共産党しかないわ。頑張ってや」と。嬉しかったです。でも、一方で一昨日、後援会ニュースを入れさせてもらっていたお家から「もう、どの党もいやになったので、後援会ニュースはもう入れないで」と言われました。

 今、「共産党(議員団)の値打ち」をどう伝えていくか、市民県民の気持ちにピタッときて納得してもらえるわかりやすい言葉での宣伝をしたいと思います。
 昨日は、尖閣諸島の日本の領有は正当だと言う話をしたあと、共産党は住民の声を行政と議会に届け住民の要求を一歩でも二歩でも前進さすために政治を変えていく政党であり、また住民目線でチェック機能を発揮し無駄づかいをなくし清潔・公正な政治を行うために頑張っている政党であることをはなし、今実際、着々と進められている家庭系ごみの有料化の問題、定数削減問題についての共産党のとりくみや見解などを訴えました。
 
 来週から決算委員会がはじまります。昨年度の一般会計の黒字が13億、国保会計の黒字が6億あることに対し、市民負担を増やしながらこういった結果であれば来年度の予算にこの黒字を市民に還元するべきではないのか議論していきたいと思っています。
2010.10.03 Sun l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。