上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
29日の11時から告別式でした。憲法9条守れ 平和を叫び続けておられた方が、また一人逝ってしまわれることに寂しさを感じると共に、戦争を知らない青年たちが、しっかりとその思いを引き継いでくれている場面に出会うと私もしっかりしないと・・・と思います。この日はよい天気だったのですが、風が冷たく日陰にいると、身体が凍りそうでした。お通夜にも行かれたふしき県議は、「昨夜はもっと寒かった」といわれていました。寒さに弱い私は、帰ってからもなかなか身体が元に戻らず、娘に「機嫌悪いなぁ」といわれていました。

 今日は午前中は仕事、昼から合間の時間を見て大掃除。トイレと台所だけはなんとかできました。ふしき県議から家でお餅つきしたし・・といちご大福をいただき、娘と2つずつ食べてしまいました。
 明日は大晦日。仕事は早めに切り上げておせち料理も少しだけ作ろうかと。
スポンサーサイト
2009.12.30 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 昨日、夜回りの会が中心となり、ここ数年恒例になっている年末支援の活動に参加してきました。現在ホームレスの人、以前そうだった人、生活に困っている人、昨年に比べかなり多くの方が来られました。大津市社協も一緒に、お米や衣類、インスタント食品の提供を呼びかけてくださり、みなさん必要なものを持って帰ってもらえたかなと思います。おにぎりや豚汁、おでんの炊き出し、お餅つきも行いました。
 生活相談も受け、母子家庭の中国人の方、障害を持たれているホームレスの方、いろんな事情があるにせよ、使える制度をお知らせし、少しでも生活が安定して出来るように支援することが私達の役目だと思っています。
2009.12.28 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 この年末に、税の滞納により、銀行口座を差し押さえられて、商売が出来ない、年が越せないと相談がありました。今の大津市は、督促状を出して連絡がなければ、預金通帳を差し押さえると言うことを行っています。払うべきものを払っていないのだから当然だと言われればそうなのかもしれませんが、【いきなり】【この年末に】という点では、配慮してほしいと思います。いきなりではなく、督促状を送っているというのが市の言い分ですが、差し押さえで、取引のお金が引き落とせず信用問題にかかってくるかたもおられます。電話で差し押さえるといえば、大変だとなんとかさっル方もおられると思うのですが、【仕事が多忙で、そんな暇ない】ということ。職員さんは、100人の滞納者うちの一人かもしれませんが・・・。少し、改善をお願いしにいこうと思っています。
2009.12.28 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 ふしき県議が、県社協へ「生活福祉資金」の活用について、大津民商の事務局さんと説明を聞きに行かれた次の25日、今度は市社協へ民商の会員さんと相談も含めて懇談をしてきました。この資金は、商売をしている人の外を想定して作られていない為、生業を営むための費用に対する貸付ができません。これを何とか・・・と、切実な願い。「中小零細業者は、商売=生活なんや!」という訴えに、社協の方も、「その通りだと思います」といわれていましたが、この制度の枠では、それがクリアできない。仮に、市でオーケーを出して申請してもらっても、県ではねられる。皆さんと、市、県一緒になって使いやすい制度へと改善する運動を一緒にしていきたいと言われていました。
 制度の矛盾点は、よく分かります。でも、今、目の前で年を越せないという人に対しての手立てがないことに、寂しい思いです。
 この制度の周知徹底と、ここがだめなら放らないで他で制度の模索を一緒にしてほしい、どうしても申請したいと言われる方には、申請書を渡してほしいと、要望してきました。

 国が10月から始めた住宅手当制度も、受給用件が厳しく、相談に対して申請できたのは2割程度だそうです。国は実態をもっと把握して使いやすい制度へと早急に改善をするべきです。

 
2009.12.28 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 5年間のリース契約をあと2年残して解約したいのだけれど、できないといわれた・・・と相談がありました。その会社の情報をと、インターネットで検索すると、同じ被害?に合われた方の書き込みがなんと100件以上!「悪徳業者だ、だまされた、対応が悪い」などなど・・・。
 これほどネットに書き込んであるのに、打つ手はないのでしょうか。法に触れていないから?消費者センターに行っても、こういったケースは取り扱っていないと言われたそうです。消費者を守るところがこういった対応でいいのでしょうか。この件は、弁護士さんにお願いした方がよいかなと思ってます。
 
2009.12.19 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 急に冷え込んできました。ホームレスの人たちは、どうやってこの寒さをしのいでおられるのでしょうか。命に関わるのでは・・・と心配されておられる方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

 今日、党の事務所にも「浜大津から大津駅界隈におられる女性の高齢のホームレスの方を何とかしてあげて。今日はマイナス3度になると言うことやし」と訴えに来て下さった方がおられました。
 でも、なかなか難しくて・・・今までも、「市役所に行って福祉の制度を受けられたらどうですか」とお勧めしても、応じて下さらなくて。市役所からも行ってもらってるのですが。

 一昨日は、ホームレスから立ち直り、生活保護を受けながら頑張っておられる方が、アパートの契約が切れて次の住居を一緒に探していたのですが、うまく契約できる見通しとなり一安心。
 今日一日、無事にすごせた・・・と思っておられる方がどれほど多くおられるのでしょう。政府は緊急に失業者の生活支援対策を行うべきです。
2009.12.19 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 なんか、色んなことした一日でした。

 朝は、以前、「99歳のおばあちゃんの後期高齢者保険料が高すぎる!!税金しっかり払ってきたのに、まだ年金からこんなに引かれるのはおかしい」と、お嫁さんからお話をお聞きしていたので、「〔世帯分離〕という方法をとれば、減る人が多いので、一度役所で金額を聞かれたらどうですか?」と、お薦めしてきました。「よく分からないけど、息子の扶養の方が得だと聞いていたので。一度考えてみます」と、私の持って行った説明書を受け取ってくださいました。少しでも軽減されると良いのですが。

 3時からは、民青同盟が中心で行う瀬田駅での保育署名に参加。みんな若々しくって良いな~と思いきや、青年達は、私の半分の年齢なので、あたりまえといえばそうなのですが・・・。私は来年年女や~
 多くの方が、署名に応じてくださり、1時間あまりで91筆の署名が集まりました。初めてハンドマイク片手にどきどきして訴えている青年の姿を見て、謙虚に皆さんに接しなければと反省。

 夜は、農業委員さんを訪問。今、共産党の提案している農業や林業の政策が、政権が変わった中で注目を浴びていること、県のJA滋賀中央会やレーク大津とも懇談をこの間懇談してきたことなどをお伝えしてきました。お会いできた方とは、話が弾み、私達の話も丁寧に聞いて下さいました。私の周りには、農業で生活を立てておられる方が、ほとんどないため、農業政策も中々詳しい話をすることが出来でいませんが、しっかり勉強していこうと思っています。
2009.12.13 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 11月定例市議会は、17日が閉会日。質問、所属する委員会での議案審議も終わり、後はそれぞれの特別委員会が休会中に行われ、最終日をむかえます。一般会計の補正予算と、特別会計についても、市職員の給与改定で、一般職と教育職の給与削減が予算化されている議案については、反対をしました。詳しい中身は最終日に反対討論をしますのでまた後日・・・

 さて、議会の合間を縫って、金曜日は大津市の国保を良くする会主催の学習会、土曜日は福祉保育労主催の保育制度の学習会に参加してきました。
 
 国保の学習会は、大津の国保の現状を私から報告し、皆さんの意見をお聞きしました。「高すぎる!」って言うけど、何を基準に高すぎるっていうの?所得のどれくらいが国保料に取られてるんや?負担は、国保だけと違う!他にもいっぱい税金払ったり、光熱水費払ったり、年金生活の中で負担はいっぱい!アンケートで、声を集めよう!という意見も出ました。
 また、国保料の計算方法って「徴収できない分を、払っている人に上乗せして計算されてる」ことって知らなかった。そんな計算おかしい。みんな知ったら怒るで!
 それならどうして声を上げよう?署名?・・・でもよく分からん。勉強しないとあかんけど、誰でもが分かる内容で訴えていかないと。
・・・ということで、課題はいっぱいなのですが、何とか国保料引き下げのため、皆さんと一緒に運動を広げたいと思っています。

 保育制度の学習会は、京都の課長短期大学の藤井先生のお話をお聞きしました。社会福祉基礎構造改革の中で、福祉や保育にお金をかけなくしようというだけでなく、金儲けの対象にしようとしてきたこと、これが規制緩和といって、
財界からの圧力で、民間企業(営利団体)も、福祉事業に参入できるようになってしまった。今回の保育園の1人あたりの面積の最低基準が都市部で緩和されようとしていることもそれしかり。そして、子ども手当を出すから、児童扶養手当を廃止して、保育所の国の運営費の負担金も廃止して、その分は、地方で全て出せと言うことを言い出しています。こんなことすれば、自治体は、一般財源という何に使っても良いお金の中から保育所のお金を捻出品kては行けないので、出せない自治体は、仕方ないので公立保育園を民営化して経費を削減するという方向に進みます。すると民間企業が参入して、もうけ主義の所がすれば、保育内容が低下して・・・ということになり、子どもの発達保障はどうなるの?人手不足でますます事故が増え・・・ということが心配されます。
 もう今が瀬戸際。でもなんとしても今の保育水準を下げるような施策は止めさせなくては!!
・・・そこで、本日三時半から瀬田駅前でこんなことになったら大変!という若者達が「署名で訴えよう」という行動を行います。私もお手伝いにいこうと思っています。誰でも参加できますので、私も!と思われる方は是非来てくださいね。

 
2009.12.13 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 11月28日(土)ふしき・石黒事務所で、手作りのおでんとちらし寿司など頂きながら、県政市政報告と懇談会を行いました。
 大西クリニック院長の大西利穂先生から、薬価を下げると、国がもうかること、40歳以上の成人病検診が、医療費削減を目的に、2008年から特定検診(メタボ検診)という「生活習慣病検診」となり、今までの早期発見・早期治療が、早期発見・早期予防となり、改善できるかどうかは自己責任となった。というお話をうかがい、安心して医療が受けられる制度にするため、皆さんと一緒にまた頑張ろうと思いました。
2009.12.03 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今、地元では、滋賀会館の存続を求める声が大きく広がってきています。嘉田知事の、財政改革プログラムの一つとして、王やけの施設の見直しがされた結果です。高齢者世帯が多いこの地域では、「干したら郵便局はどうなるの?無くなったら困るわ~」など、多くの声が寄せられています。中央にお住まいのIさん、高齢の為、なかなか外出もままならないのですが、先日シンポジウムに行ってきたと報告を頂きました。一人3分と言われて、言いたいこといっぱいあったけど、少ししか言えなかったと。80人あまりが集まったそうですが、今度はもっと多くの方に来て欲しいと言われていました。手記をご紹介します。

「我が友、滋賀会館よ」

 民主党の政府になってから自民党と変わった点を強調したいのか、公の施設の見直しが重視されているが、功を急ぐ余り、その内容は経済にだけ重点を置き、それぞれの本質的な意義を軽視しており、現場を見て現場の意見を聞いて判断することが全然ない。
 滋賀会館は一応廃止することに決まったとのことです。しかし当方は、滋賀会館の隣の町の自治会長を委嘱されていますが、滋賀会館を廃止する件について、庁内への説明会等は一切おこなわれず、いつの間にか廃止が決まっていた状態で、将来はどんな施設になるのかまだ未定で、3年間かけて考えるとのことです。そんな悠長なことでは近隣の人に多大の迷惑と不安を与えます。交通の便利な地区だから他の施設に行けばよいとの意見もありますが、中央地区は老人が多く、車も自転車も使うことができません。郵便局が浜大津にできるとの噂ですが、これと引き換えに滋賀会館の郵便局が万が一廃止されたら大変不便になります。県警本部も打出浜へ移りました。中央地区の過疎化、空洞化を防ぎたいと思います。

2009.12.03 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
1日、新婦人のSさんと一緒に、ヒブワクチン公費助成を求める要望を健康福祉部長に、提出してきました。要望書と一緒に、多くの若いお母さんの一言アンケートもコピーして、それも添えて出されたところが新婦人らしいな~なんて思いました。Sさんからから感想が届きましたのでお届けします。

 12月1日、石黒議員と一緒に、ヒブワクチン定期予防接種化と、大津市の公費助成を求める要望書を大津市長へ提出、福祉保健部長と懇談してきました。
ヒブ(細菌性髄膜炎)は日本ではあまり知られていませんが欧米ではもう20年も前からワクチンが使用されています。発症したら死亡率は5~10% 、生存しても15%~20%に重い後遺症が残るとされています。
 新婦人の親子リズムサークルの若いお母さんに、ヒブワクチンについて聞くと、半分以上に人がヒブは「怖い、恐ろしい病気」だと、積極的にワクチン接種を希望されており、もう受けさせたという方もおられ、切実な思いを聞くことができて良かったです。今回の取り組みで、全国の新婦人が50年前にポリオの生ワクチンをソ連から輸入させ、日本で小児マヒにかかる子どもたちを救ったという運動を思い出しました。
 今、ヒブワクチンを受けるのには1回8000円必要で、最低3回の接種が必要です。お金がなければ受けられません。また、小児科医も接種すべきと言いながら、受けたくてもワクチンが足りなくて、予約しても半年待ちという現状・・・課題は山積みです。
 ヒブワクチンもポリオのように、国の制度でみんなが無償で受けられるようになれば、大成功です。

2009.12.03 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。