上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
朝早くからバシャバシャ降っていた雨も午後には小降りになり・・・バイクで行けてよかった(^-^)
午後から「社会保険滋賀病院の存続・充実と地域医療を守る住民の会」結成の集いに参加してきました。130名もの人が集まり、関心の大きいことがよくわかりました。

 社会保険庁の解体をきっかけに、赤字経営の病院は統廃合し、小泉首相の時からの医療費削減のための医療構造改革を推し進めようとしている動きにストップをかける。そのために今、住民と病院と医師が連携をしっかりとって、自分たちの地域の病院、地域の医療を守るんだという思いを大きく広げていきたいと思います。署名活動も行いたいとのこと、私も頑張って集めたいと思います。
スポンサーサイト
2008.08.31 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今日は、逢坂小の校舎改築工事竣工式でした。135年の歴史を持つ小学校だそうで、この間まで使っていた校舎は、1950年頃から順に建てられたもので、かなり痛んでいたようです。新しい校舎 は、思ったより地味な色遣いで、周りの建物との調和を大切にしたといわれていました。
 国内産の間伐材を多くつかっているとのこと、学校全体が明るく暖かい感じがしたのは事実です。
 そして何よりも今までの小学校と違うところが、教室にドアがなく、アコーデオンカーテンがついていたことです。カーテンを開けておくと、廊下と一体になってしまいます。その廊下も、昔の暗いイメージではなく、そこで遊べるほど幅広いスペースがとってあり、開放感があふれていました。最近はこういう設計になりつつあるそうで、私の中での学校のイメージが大きく変えられました(^-^)
2008.08.30 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今日は市役所で、大津市の行っている20事業について外部の視点による「事業仕分け」が実施されました。傍聴に行きましたが、率直なところ「今の時代、採算をあわすためには受益者に負担をしてもらう」という視点で大半の事業が仕分けされたという感想です。そして説明をする職員も、部署としての意見、事業の利点等をしっかりと切り返して言う人とそうでない人がいて、力量を感じる場面がありました。
 児童クラブがビジネス化すれば、生活保護世帯の人、低所得者の人はどうなる?民営のとき、保育料が払えなくて入れなかった人がいたから公営になって喜ばれたんだし、障害児加配が保障されるようになって障害を持つ子の親も、仕事が続けられるようになった。ビジネス化されれば、この部分はどうなるんだろう。結局大枠で見てはって、少数派の人たちが視野に入っていないなと、とても残念な思いで聴いていました。そういう人にはまた別の対応をと、付け加えのように言われていましたが、児童クラブだけでなく、それはすべての事業に当てはまるものだと思います。
 今日の仕分けは決定ではありません。しかし、大きな影響があることは明らかです。住民本位の事業とはどんなものか、採算をあわすことは大事だと思います。でも公が持つべきところはどこなのか、改めて問い直したいです。
2008.08.23 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 このところ、また何軒か訪問してきました。
 障害者のデイサービス施設では「もういいたいことがいっぱいあって・・・改めて時間をとってください」と。

 以前母がお世話になった宅老所によると、「介護報酬を上げてほしいなんて贅沢なことは言わない。せめて廃止された「送迎加算」だけでいいから復活させてほしい。」と。「単価が安くて安い給料しか払うことができず、若者が働き続けられない。なのだからとフィリピンなどの人たちで職員不足をまかなおうとしている。その人たちを雇う財源があるなら、こっちにまわしてほしい」

 障害者の団体からは、「今、障害者の福祉計画が作られているが、各自治体は、国から言われる数値を振り分けるだけでなく、自分の自治体には、こんな障害を持つ人が何人いて、程度区分別にはこうなってて、特別支援学校はいくつあって、働く場はいくつあって・・・だから5年計画は、こういう見通しを持った数値を立てなくてはいけない」という考え方を持ってほしい。現実殻出発してほしい」と訴えておられました。また、「障害者の3級ヘルパーの取得を推進してもらっても実際雇ってもらえない。雇用までのシステムを作ってほしい」という要望も出されました。また、就職できても早期で退職してしまう。まだまだ障害者が働きづらい環境の改善を、会としても考えていかなくてはという課題も聞かせていただきました。
 そしてやはり「日割り計算」をはじめとし、障害者自立支援法は問題だと。私たちもこの法律の廃止の向けて皆さんと一緒にがんばります。

 また、学校給食関係の団体からは、「この原材料費高騰に対しては、こどものためと価格を抑えてもらうなど無理を言っている。委託先の加工工場にしわよせがいっているでしょうね。」と言われていました。また、「国も色々言われてころころと政策を変更するなど一貫性がないなぁ」とも。米も滋賀県産100%だそう。安定供給と低価格でというところでがんばっておられました。
2008.08.23 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 昨日の後期高齢者医療制度廃止の座り込みは、始まる直前に夕立ちに見舞われ、どうならことかと思いましたが、開始時間には、小ぶりになり、まもなくやんでほっとしました。
 今回は、「怒」のかわりに「いのち」とかいた紙を掲げ、廃止法案可決のためにがんばろうと意思統一しました。
 75歳以上の本人さんからは、「インドの136歳の方のニュースを見た。私はまだその半分や!」「世帯分離したら保険料が安くなるなんて、離婚しろといわれてるようだ」
2008.08.23 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今日、昼休みの時間12時15分から45分まで県庁前で後期高齢者医療制度「廃止法案」可決を求める「命の座り込む集会」がおこなわれます。引き続いて不服審査請求も行われます。一人でも多くのがの参加されるといいなと思います。ここまできたら廃止しかありません。これほど修正を加えるのなら制度の意味(医療費削減)がない(だから減額する必要がないという推進派の意見)と産経新聞に以前書いてあって、こういうとらえ方もあるんだと思っていましたが、まさにそう思えます。これほど直さなくてはいけないんだから、廃止しかないのです 【怒り!!】

  昨日は、議会準備を・・・と思いながら、あれやこれやと相談活動に走り回ってました。
 ・滋賀市民センターの駐車場の白線が消えていて、車が止めにくい
 ・マンション乱立の悩みを聞いているので、いくつかのマンション建設の進捗状況を
 ・八景館(旅館)の跡地の土地所有と道路の問題

 その後一度行きたかった社会教育会館のある中心市街地活性化計画の主体となる「まちづくり会社」にいきました。この会社の役目は?と聞くと、実際「場の提供」が仕事になるとのことでした。まずは、琵琶湖ホール横に建てられる「オープンカフェ」から始められるのですが、ターゲットは、20~40代の女性だそうです。全国的にも課題となっている中心市街地の活性化、儲からなくても採算がとれれば・・ともいわれてましたがしっかりとみていきたいと思います。
 
2008.08.21 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 月・火と、議会準備のためl共産党大津市会議員団は、こもって質問事項について話し合いをおこなってました。
 議案は来週の月曜日に知らされるので、それからは議案を読み込まなくてはならないので今のうちに一般質問についてまとめておかなくてはならないのですがなかなか調査・聞き取りもお盆を挟んだりで進んでおらず焦っています。
 22日には大津市から議員に学校耐震化の工事計画の説明があります23日は事業仕分けを、傍聴に行く予定です。また忙しい毎日になりそうです。 
2008.08.20 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 大津駅を降りてきたところにある今井薬局さんの隣に15階建てのビルが建つそうです。ハローワークを超えると、広い更地があり「マンション建築予定地」とあり、立て看板には地下1階、地上11階と。
 地域にお住まいの方から、何とか規制できないのかという声をお聞きしていますが、今のところ規制する法律もないので正直言ってどうにもできないのです。ただ、この秋に、大津市も景観委員会を立ち上げて高さ規制などについて検討するということなので…
 この中央学区は、大津祭りが開催される場所であり、山鉾が並び、古い町並みが残されているところです。今度の中心市街地活性化計画の中でも古い町屋を残す事業も計画されています。
 なのに一方でマンションの建設許可をおろしていく…なんか矛盾していると思いませんか? 
 
2008.08.20 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今日の午前中は、岸本市議と大津北部の宣伝行動。今日は後期高齢者の保険料の天引きの日とも重なり、この財源問題と絡めての宣伝。堅田で車を止めて話していると、天神山にお住まいで、学童保育所時代に指導員として一緒に働いていた先生が、車の中から声援を送ってくださいました。

 午後2時からはパルコ前でこくた恵二衆議院議員、川内たかし党書記局長、森県会議員、佐々木市議を弁士にむかえての街頭演説会の司会をさせていただきました。宣伝カーの上に上がると、じりじりと照りつける太陽に近くなるから?黒のパンプスの靴に太陽光線が吸収されて靴を脱ごうかと思ったほど。上着を着ていたのですが、ポケットに入れていた携帯電話はアツアツで、終わった後、上着を脱ごうと思っても、汗で脱げない・・・。でも、障害者施設で一緒に仕事をしていた先生が、通りかかって手を振ってくださり、うれしかったぁ~(^-^)

 このごろ荷物の少ないときは、ガソリン代のこともあり、バイク通勤です。あついけど、体に受ける風が心地いいのです。娘は、今日から二輪の免許を取りに講習に行きました。学生はかなり安くでとれるそうです。
2008.08.15 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 先日、兵庫県で、学童保育で川遊びをしているとき、局地的な豪雨にあい、児童が命を落とすという悲しい事件がありました。
 滋賀県でも何年か前(まだ私が学童保育の指導員だったころ)、近江八幡で、命は助かったものの同じような事件がありました。
 今日、午後から大津市の川は大丈夫か、ふしき県議、杉浦・佐々木市議と一緒に、瀬田南の高橋川、膳所学区の相模川、滋賀学区の柳川の現地調査に行ってきました。
 階段などつけ手、川に下り、遊べるように川底も整備してある親水性のある川ほど、コンクリートで固められ、増水すると水の逃げ場がなく、危険度が高いのです。そんな親水性のある川に避難体制があるかみてきました。数日続いている猛暑で、雨も降っておらず、一見何の問題もなさそうに見えましたが、少量の水でも、流れはかなり速い川もあり、水かさが増えるとかなり危険かなと思われるところもありました。
 こどもたちと川遊びをされる児童クラブの指導員から「すぐ非難できるよう階段式の護岸があればよい」「メール送信などで外出していても天候について伝わる仕組みがほしい」「川の洗い直しが必要では」などのご意見をいただきました。子どもたちの命を預かる仕事をされておられる方にとっては、今回の事件は、予想がつきにくかったとはいえ、ドキッとされたのではないでしょうか。引き続き、調査し、要望も受け付けています。ぜひご意見等お聞かせください。
2008.08.12 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 昨日、大津市会議員団は、総務部長、総務部政策監、行政管理室副参事に事業仕分け中止の申し入れをしました。
 これは、今年、大津市も始めて行うものです。簡単に言えば、今まで内部で行ってきた事業の見直しを、外部にしてもらう、必要かどうか、必要であればこのままの形でいいのか、民間か、第3セクターかなど、適切な主体へと仕分け、大津市は、この結果を参考にして責任を持って見直しを検討するというものです。しかし、この間の事業仕分けのなかでは、関係者を排除していること、説明者のよしあしで評価が左右されること、議会の軽視につながることなどの問題が指摘されています。
 高島では、この事業仕分けで3億1千万円の削減効果があった、公共施設が有料になったなどといわれ、これは事業費削減のために行うもの、住民サービス切捨てにつながるものと考えざるを得ないところがあります。
 大津市は、児童クラブが対象にあがっています。児童クラブは、民営であった学童保育時代から、行政と保護者が、30年もの年月をかけて作り上げてきた、全国的にも誇ることのできるものだと思っています。この歴史をよくしらない外部の人からたったの40分足らずで評価されてしまう、そのことに大きな憤りを感じるのです。8月23日市役所別館大会議室で、丸1日行われます。公開されますのでぜひ傍聴に行きましょう。
2008.08.12 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 2011年(平成23年度)までに廃止の方針が明らかになり、入居者か「ら次の住まいも斡旋してもらえず、どうしたらいいのか」と切羽詰まった声が。

 大津では、石山寺と瀬田の2カ所が対象です。個別に急に、「○○月末までに退去を」と、手紙が届き、入居者の生存権まで脅かすものだ!と、自治体が中心になり、大きな運動を巻き起こしている地域もあります。どうすることが、入居者の方にとって最善の方法なのか。一緒に考えていきたいと思います。
 ご意見やご要望など、お聞かせください。
 
2008.08.08 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 「きょうされん」という障害者関係者が出している月刊雑誌?を読んでると、お総菜づくりをしている授産施設が、原材料があ値上がりし、事業を続けることができなくなったという記事が載っていました。
 ここだけじゃないよなぁ~ 明日は我が身・・・というところ、たくさんあるはず。
 遅ればせながら大津市の事業所を訪問し、実情をお聞きしています。
 お話しさせていただくと、「もう、自助努力だけではどうにもならない!!」
 この同じ言葉が、聞かれます。

【介護関係】
「宅配の食材が、毎月値上がり。買いに行くことにしたが、職員足りない中、介護が手薄になり、負担 がかなり大きい」
「経費節減のため、乾燥機など、電気代節約に努めている」

【障害者関係】
「送迎費のしわ寄せは、事業所が負担。利用者には、これ以上求められない」
「いくら頑張って儲けを上げても、物価高に追いつかず、賃金保証といいつつ、格差は開いていくばか り」
 
【ダンプ・赤帽関係者】
「なんで漁業関係だけ補助するのか。こっちも大変。一日5~6千円は、自分でかぶっている。」
「昨年と比べると、ガソリン代は2割り増し。ガソリン代だけでなく、それ以前にもう生活が大変」

【印刷業者】
「紙代資材代ともに、昨年とくらべると、20~26.5%アップ。」
「最終卸売業者は常時紙不足」

など、聞けば聞くほど体験な実態が明らかになりました。

 「自治体として国に要請をを」
 大津市に、「国に対して、全国市長会などを通し、投機マネーの制限や、早期補助対策を要望しているのか」と聞くと、「この問題は、国が率先してするべきことと考えているので、要望としてあげるものではないと思う」とのこと。
理屈を並べるのでなく、この今の実態をどう思っているのか、それを聞きたい。 


2008.08.08 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
平和な世の中を私たちの手で

 「戦争反対」「核兵器はいらない」そんな思いをみんなと確かめ合い、広めていこうと、今年も8月6日三井寺の原爆犠牲者慰霊・世界平和祈願法要にふしきみちよ県議らと参加しました。政府は今、自衛隊海外派兵と武器使用を認める「自衛隊海外派兵恒久法」の制定を目指しています。唯一の被爆国の国民として、これを許してはなりません。

 平和の願いを託した風船が青空一面に舞い上がると、63回目の原爆記念祈の重みを感じ、憲法9条を戦後生まれの私たちがしっかりと引き継がなければと身が引き締まりました。
2008.08.08 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 「どんと晴れ」(NHK朝の連続テレビ小説)の影響で、観光客が増えたという盛岡の駅に着いての一番の印象は、「花がきれいだぁ~」。
 フラワーバスケットは盛岡のシンボルマークで日本一の数だそうです。平成名水100選のうち2カ所がこの盛岡から…そのおいしい水をいただきながら、以下の事項について話をお聞きしました。

【中核市について】
 大津市は来年4月の中核市に向けて準備を進めていますが、盛岡市はH18年1月、合併にともない市長が中核市移行を表明し、わずか2年3ヶ月後のH20年4月中核市となりました。
 
◎移行により1855件の事務が移譲・職員50人を新たに配置
 おもなものとしては保健所や、産業廃棄物に関する業務が県から直接市へと移された。50名のうち、13名を県から派遣してもらい、スムーズに進められているそう。

◎保健所は
 経費節減のため、既存の旧競馬会館のビルを改修して使用。50名のうちの34名が保健所に。現在合計104人(正規職員87人、非常勤17名)で仕事にあたっている。
 動物保護管理施設は新たに建設していない。そのため施設・設備が整っておらず、抑留管理県に委託している。

 ◎今後の課題は
 県の保健所との連携。専門職員の確保と資質の向上(難病や精神障害の事業など、まだ県にしてもらっている)など。

 中核市になると直接県を通さず、市が事務処理をするので時間短縮になるなど、メリットがあると言われますが、、行革プランで人員削減が行われている中、市民サービスが低下しないよう大津市も新たな職員の増員については、よく検討することが必要です。

【中心市街地活性化計画】
 郊外開発として大型店を誘導しているのに、中心市街地を支援しろというのは矛盾しているのでは?と指摘を受け、計画変更して大津市と同様、この7月に計画認定された。コンパクトな歩けるまち・高齢者のまちとしての役割を持つ。最近はマンションが建ち、高齢者中心に便利さを求めて人口は、増加現象。
 しかし産業関連は衰退。
 循環ワンコインバス「でんでんむし」は好評。

 ◎旧計画の評価の上に立って
 効果は約70%とし、「数値目標がなかった」「行政主導であった」などの総括をきちんとされた上での計画であることは、多いに学ぶべきことです。賑わいあふれる、訪れたくなる中心市街地にするため市民の十分な理解と協働が必要なのは、大津市も同じです。

【都市景観について】
 1984年、都市景観形成ガイドラインを策定して以来、市民の声を反映し、積極的に取り組んできた。2007年から景観計画(案)を作成中。山並み眺望のための高さ規制、歴史的町並みの保全、河川景観という盛岡市としての骨格を定め、あとは市民と合意しながら進めていきたいとのこと、大津市もこの秋からの検討委員会でより具体性のある対策が望まれます。
2008.08.08 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。