上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 受付を担当していたので、森県議の話しに間に合わず、残念でしたが、県政報告会と言っても、ダム問題に興味にある方も来られていたようで、共産党支持者の方ばかりでなく、チラシを見てこられた方や、ダム推進派の方も来られていたように思います。それだけ関心度も高いのでしょう。248部資料を作ったとのことですが、最後になくなってしまい、結局2部足りず・・・と言うことで、250名の参加でした。「難しいこと言わんでも、私たちの命を守るため・・と言う視点で考えると、どう見ても必要ない。」これが根本でしょうね。

 お昼の2時から5時までは、ふしき事務所で吉原弁護士の法律相談・ふしき県議の生活相談のお手伝いをしていました。相談は3件。その他電話相談もあり、バタバタの1日でした。
スポンサーサイト
2008.05.29 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今日(・・・と言うか昨日になってしまってますが)議会の質問準備の関係もあり、障害者の雇用問題についてお話を伺ってきました。

 法定障害者雇用率は、1.8%。滋賀県はこれを満たしていないのはなぜ?
 「滋賀県は派遣・請負労働者が多いでしょ。(そうや、ふしき県議が日本一やて言うてた!)派遣会社は、企業に労働者を送り込まないとあかん。そうすると、即戦力になる人を送らんとあかんわけで、障害者だとそれが無理・・・まあ、これだけが理由とは言えませんが、でも理由の一つになるかもしれません」と。

 なるほどねぇ~障害者だけの問題ではなく、今の社会全体の雇用問題にまで関係してくるんや~
この問題、大きな視点で考えて行く必要があります。





















































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































2008.05.28 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 タイトルのような、こんな嬉しい言葉を聞きました。
 この方は、建築関係のお仕事をされている中小企業の社長さん。

「消費税、上げてもらったら困る。今まで企業をドンドン増やしてきて、今、公共事業減らせとかいわれて・・・そんなんやったらはじめからやめといて欲しい。大きくするだけしといて、私らそれを維持していくのに必死。大企業は、失敗して倒産しても再生できる。でも私ら中小企業はつぶれんように必死。自民党どっぷりでやってきたけど、今は何もいいことあらへん。」「姉羽なんか死刑にしたらいいんや。私ら1級建築士が建築所かがおろせなくなって、半年後しか許可ができひん。これでは仕事にならへんのや。」


 今まで私たちの納めてきた消費税の額と、大企業の減税額を比べて話しをすると、
「そうなんですか、大企業が減税されてたなんて知らなかった。」
そうなんだ、この方たち、知らないんかぁ~所得税のことは知ってはったのになぁ~
「先日請け負った○○事業なんか2000万寄付してるんですよ。寄付して事業をしている。安い安い金額で落札し・・まあ、私らがたたいてるのもあるんやけど・・・向こうも下げろって言うてくるしなぁ」

 とにかく大変な様子がよくわかりました。建築関係でも中シィう企業は、大変なんだと言うことがよく分かりました。「赤旗新聞、読んで欲しいなぁ~」と言っておきました(^_^)v
近々、川内さんと一緒に、共産党の政策などもって訪問し、実態をお聞きしたいなと思いました。
2008.05.28 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 午前中は、息子の行っていた養護学校の青年学級の集まりに、午後から共産党員さんの家で、町内の人に声かけて、後期高齢者医療制度の学習会を行いました。うらのおばあさん、自治会の会計さん、町内の人・・と、共産党の演説会なら絶対来られないだろう方たちが、近所の知ってる人の家だし、今腹の立ってるけどよくわからん制度のこと聞きたい!と来てくださいました。講師の塚本さんが、話されている最中でも、「ちょっと聞きたいけど」と話されて、塚本さんの話しが中断・・・でも、活発な話し合いができてよかったです。
 はじめは「今まで扶養やった人は、何も払ってはらへんのはおかしかったと思う」と言われていた人も、色々皆で話してるうち、「75歳以上が自分らで保険料をまかなうなんてむりやんなぁ~」「保険料は財源がないと2年ごとに値上げするのに、道路は先に59兆円とっておくなんてずるい!」と、今の政治に怒りフツフツでした。署名を集めてこの制度、廃止させましょうと訴えると「署名ってホントに力になるの?」と疑問に思われていましたが、「びわこ空港も新幹線新駅も署名の力でストップさせたんですよ」と説明すると、「その署名、したわ」と、今回の署名も「持って帰って近所に頼むわ」と。皆さん知れば知るほど怒りが湧いて、何とかしなくてはと思ってくださいます。もっともっとこうした集い、必要だなぁ~と実感です(^_^)v
2008.05.25 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 22、23日と今年度初めての常任委員会、特別委員会が開かれました。
私は、総務常任委員会と、地域活性化・観光振興対策特別委員会の担当となりました。議会に出された議案は、それぞれの常任委員会で審議され、本会議で最終的に採決されます。
 この日は、全体の概要説明・昨年度と今年度の事業などについて主な点が報告されました。

 総務常任委員会では、大津市の行革プランの説明や地域SNSについて。消防局からは今年度あたらしく青山分団ができること、住宅用火災警報機の設置が義務づけられるが、なかなか徹底できにくいことなど出されました。

 地域活性化・観光振興対策特別委員会では中心市街地活性化事業や大津駅西地区土地区画整理事業の説明がありました。議員からは、イベントや事業内容をより知るために現場に出向くことが必要との意見が出ました。

 今年1年願張ります( ´^ิ∀^ิ`)
2008.05.25 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今日行われた県政市政報告会には、雨の中、予想より多く80名近くの方が来てくださいました。本当にありがとうございました。私は皆さんの前で話すのが苦手なので、話がまとまらず、頂いた時間を有効に使わないともったいないので、原稿を作るようにしています。朝の宣伝は毎日で、情勢もころころ変わるので、そこまでできません。だから話があっちへ飛んだりこっちへ行ったりで、自分でも困ってしまいます(^_^;) 今日は、パネルも使って、ふしきさんの1年の活動を振り返りながら県政報告をしてもらい、分かりやすくてよかったです。
 終わってほっとするまもなく、明日島ノ関で行われる後期高齢者の学習会の呼びかけと、28日に生涯学習センターで行われるダム問題での県政報告会のお知らせに追い回されてました・・・

 興味ある方は、今日の私の話した内容、書き込んでおきますので読んでみてください。

5月の臨時議会が終わり、6月2日から定例市議会が始まります。2回目の6月議会をむかえるにあたり、あっという間の1年だったなぁ~というのが実感です。学童保育の指導員、障害者施設の職員として働いていた私が、少しでも今の政治をよくしたいと市会議員へと立候補させて頂いたわけですが、本当に皆様の暖かい大きな支えによって、ふしきさんのあとをひきつぎ、今日の日を迎えることができました。本当にありがとうございました。

 この1年間、私が心がけていたことは、候補者の時の演説でも言わせて頂いていましたが、市民の皆さんの声を大津市に届ける、そしてそれに対して大津市はどういう態度をとったのかを必ず皆さんに報告するということです。選挙中「福祉の石黒」というキャッチフレーズをいただきましたので、まずはその専門分野に力を入れて活動してきました。
 議会では毎回質問をおこない(共産党では当たり前なのですが)そして市議団のニュースとあわせ、地域で毎週個人のニュースも発行し、できるだけ今の市政の様子、地域での活動を知ってもらえるように努力してきました。(それでもまだ支持者の方からは、議員の宣伝が足りない!と叱られていますが)これについても引き続き頑張っていきたいと思います。

 今日は、この1年間、皆さんと一緒になって行ってきた活動で心にのこっていることを3つ挙げたいと思います。
1つめは「子どもの医療費無料化を中学校卒業まで」と訴え続けてきたことです。これは、今年度県の方が大幅な福祉予算削減の中、今の子どもの医療費も3倍にするという案が出され、私たちは「今でも大変で無料化を訴えてきているのに、それを3倍だなんて許せない」と大きな反対運動をおこし、削減が見直されたわけですが、この問題は「国も県も市も一緒になって訴えていこう。国の制度を作れ、その国の不十分なところをカバーするのが県や市の役目やろ」という視点で私たちの選挙中から1月の市長選においてもずっと訴え続けてきました。目片市長もこの間ずっと医療費の無料化や対象年齢の拡大は行わないと言ってきました。例えば、無料にするとドンドン病院に行って、医療費がかかる、せっかく就学前まで助成を拡大したのに、したらしたでまだもっとしろというのか・・などと議会でも答弁してきました。しかし住民の声や市長選挙の論戦の中で一貫して共産党が言ってきたことを認めざるを得なくなり、対象年齢を中学校卒業まで広げるとマニフェストにも示しました。この子とは大きな成果だととらえています。
 2つめは9月議会で「子どもたちの安心・安全を保障するために学校警備員を減らさないで」と訴えたところ、議会では「ボランティアも充実してきたので減らしたままで」という答弁でしたが、その後、「市民の強い要望がありまして・・」ということでこの4月から増員され、元に戻ったのです。よく「議員さんにたのんだらできるようになる」といわれたりしますが、決してそうではなく、私たちは皆さんの願いをしっかり届ける手伝いをするだけで、議員がいくら訴えてもうしろに皆さんの大きな運動がないと実現しない、反対に大きな運動になれば実現するんだということが分かりました。
 3つめは、一部の人の小さな願いも、あきらめず地道に取り上げ行動を続けていくことで、展望が開けてくるということです。「人に迷惑をかけず思い切りスケートボードができる、そんな広場を公が作ってほしい」という青年の請願署名をふしき県議が取り上げ、私が引き継ぐかたちで(もちろんふしきさんも一緒に)市長と懇談したり、青年支部や民青同盟の力も借りて駅やパルコ前で署名活動を行ったりしました。そして1年たち、やっと同じ要求をもった団体と出会い、一緒に協力して要求実現に向けて大津市とも連絡を取りながら一歩づつ進んでいるところです。

 そして最後に、これから活動していくうえで自分としての課題です。よく議員団の会議のなかでも「共産党として、いま大津市に言っておかなくてはいけないことがしっかり言えているだろうか。共産党の政策と照らし合わせて今の市政はどうなのか、だから大津市はこうするべきだというように訴えていかんとあかん」という話しをします。私は共産党の議員として働かせて頂いています。そのことに誇りを持ち、これからもしっかり活動していきたいと思います。
2008.05.25 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今までコメントを色んな方から頂いていましたが、最近心ない方からのコメントが多く、放っておいたのですがあまり好ましくないにでは・・と言うご意見もいただき、コメント欄にかなり制限のつくブロックをかけました。もし、コメントが入らなかったらごめんなさい。
 さて、標題の通り、今日唐崎市民センターで、つどいを行います。昨年のいっせい地方選挙から1年がたち、支持者の方にお礼も含め、この間の報告をさせて頂きます。是非、お越しください。
2008.05.24 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
  息子の行っている作業所の障害者の青年が、不審者と間違われて110番通報され、警察に連れて行かれるということが起こりました。自分で十分な説明ができない障害者の方は、時として誤解されることがあります。今回も、小学生を家まで送ってあげると付いていき、家に着いたところでお家の方がびっくりしててっきり不審者だと思われたとのこと。本人にそのつもりがなくても、相手(被害者と思われた方)にしたら、偶然にも数日前、学区に刃物男が出現していたこともあり、もしかして・・と、我が子を守ることに必死だったのでしょう。
 障害を持つ子のお母さんが嘆かれているのは、間違われたことよりも、その後の警察の態度です。頭から犯人と決めつけ、障害についての知識が全くないと。今までも障害のある方とのトラブルは多いはずなのに公的機関として、どうしてもっと障害に対する理解・学習をされないのか。学校教育においても、形だけでなく、実際に障害者と関わったりなど実際の生活に生かせられる授業をして欲しい、保護者にメール配信している不審者情報についても障害者に配慮した一文を入れてほしいなど、教育委員会へお願いにも行かれたようです。障害者の親御さんだって我が子を守るため必死です。
 実際、障害が比較的軽く、一人で外出することのできる方ほど今回のような事件が起こり、もう一人で外出させない・・・など、自立を妨げる、その子の持てる力を阻害してしまう方向に向かってしまうことも多々あります。
 、今回の事件が解決しても、この問題については簡単に解決できることではありません。社会全体が抱える問題ですから。少しでも障害者が住みやすい社会へ・・・障害者にやさしい街は、すべての人にやさしい街・・・私が選挙の候補者の時に使ったキャッチフレーズですが、こんな社会になるよう私も微力ですが訴え続けていきます。
2008.05.23 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 昨日は、夕方膳所駅前で、日本共産党の県議・市議・勤務員は、中国四川省の大地震と、ミャンマーのサイクロン被害に対する救援募金活動を行いました。ご協力下さった皆様、ありがとうございました。
 被害は日がたつにつれ、どんどん大きくなってきています。疫病など二次被害の心配もでている中、一刻も早い救援活動が望まれます。お勤め帰りの皆さん、下校途中の学生さん、・・・多くの方々が、自分の意思で募金して下さり、その気持ちがとても嬉しかったです。明日は我が身、日本も今にも大地震がきそうな報道もあります。森県議も「道路特定財源は、早く一般財源化して、耐震工事に使うことは緊急の課題です」と訴えました。募金は共産党中央委員会で受け付け、必ず現地に届けます。最寄りの共産党員や事務所にお問い合わせ下さい。

 昨日は、一番下の子の18歳の誕生日祝いと言うことで、家族で食事へ出かけました。夕食時に全員が集まるなんてこの頃はあり得ないと行ってもいいくらいです。「晴れの日」を大切にしたいです。
2008.05.22 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 さて、市民の皆さんから市議会議員に押し上げていただき、1年がたちました。この1年、自分なりに一生懸命してきました。まだまだ力不足ですが、みなさんから信頼される、頼りにされる議員になれるように今年度も頑張りますので、よろしくお願いします。
 そこで、大津市の北部地域(ふしき県会議員の活動地域)の県会・市会議員(塚本・岸本・石黒)が、1年間の区切りとして、県政市政報告会を行うことになりました。今度の土曜、24日の午後2時から4時頃まで、唐崎市民センター大会議室で行います。森しげき県議会議員、吉原稔弁護士(元県会議員)、藤崎ヨシヲ元県会議員もこられます。昨年度1年間の、県政・市政の動きなど報告させていただくなどして、楽しいつどいにしたいと思っています。どなたでもこられます。(無料です)多くの方に来て頂きたいと思っています。ぜひ お越し下さい(^_^)v
  
2008.05.20 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 一日皇子が丘公園で、息子の通っている共同作業所でフランクフルトやポップコーン・ネギ焼きなどを売っていたので、つかれた~。今日もまだ疲れがとれない気がします。年ですね(^_^;)
 多くに障害者の保護者の方とお会いしました。「北部の生活施設、来年の4月に作ってもらわな困るわ。もうガルのことだけ考えたいねん」「障害者の働き口ももっと窓口広げてほしい。職種も企業側は、メンテナンスばっかりやし」など。いろんな声を6月議会に生かしたいなぁ~と。我が子は、自分でクレープを買いに行かせたら、なんとかかってきて食べていました。普通の店では絶対無理なのに、こういうところでは、丁寧に聞いてもらえて買うことが出来ます。町全体が、こういう街になれば、障害者や、支援の必要な人も、自分のもてる力で生活していけるのにな~。今、障害者権利条約でも、「合理的配慮」と言って、障害者が、自分の行けるところを探すのでなく、企業側が障害者にあわせる考え方になりました。空論に終わらないようにしていきたいです。
2008.05.19 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 土曜は、ふしき事務所のある寺町商店街が、三土市(第三土曜のイベント)の日だったので、午前中は事務所へ、午後から明日都浜大津で行われた革新懇の学習会に行きました。社会保障の財源は、本当に消費税?鳥居せんせいが、企業の具体的な金額を上げて、消費税導入時(20年前)からの大企業の税金の額や利率について、分かりやすく説明してくださいました。一方で庶民にかかってきた増税額は?聞けば聞くほど今の政治の矛盾が明らかになりました。財源問題、しっかり勉強して、多くの方に、知ってもらう必要を感じた時でした。
2008.05.19 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 昨日は、大津市議会5月臨時議会でした。午前10時から始まるはずが、議長候補が、与党側でまとまらず、議会運営委員会に出た幹事長の塚本市議が、「きょうは、もめそうやな~」と。結局議会開会は午後4時半。
 わが党は、独自候補を立てるか議論しましたが、議会の民主化(議会運営委員会に提出しましたが否決されています)についてわが党の提案を前向けに検討すると答えた候補に期待も込めて支援することにしました。結果は、中江氏となりましたが、議会の民主的運営について、今後前向きに考えていくという話し合いができたことは一歩前進ととらえていいのではないでしょうか。
 それにしても、今回で、民主系の市民ネット21の態度は情けないものです。あんたら野党とちゃうの?
 議会は午後8時半に終了。市長は体調があまり良さそうに見えなかったけどこの先大丈夫かなぁ。  
2008.05.17 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 昨日今日と、宣伝にでました。1回出ると10回したいと・・2時間半くらいかかりますが、なかなか議会が始まると思うように出られないのでね。昨日は、ふしき県議と一緒に滋賀、長等学区あたりを回りました。道路財源法のことも言わなくてはなりませんが、やはり中心は、後期高齢者医療制度の中止・撤回です。宣伝をしていて、通りがかりの人に声をかけるとすぐに署名をしてくださるのが、今までと違うところです。皇子が丘では、「私、ヘルパーなんです。大変です。頑張ってください」と、署名してくださいました。ホントに党派を超えた皆さんの思い、政治を動かす力です。そこで共産党が際だつのは「財源問題」。朝の堅田駅での宣伝で、Tさんが、「財源問題を、も~~っといわなあかん!!」と言われていましたが、ホント、その通り。共産党と民主党との違い、皆さんにわかってもらえるようがんばりま(^_^;)。
2008.05.16 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 夜中、すごい雷雨で目が覚めました。でも朝には雨も上がり、大津京駅で朝宣伝。昼は、唐崎・滋賀学区で10回宣伝。通りがかりの人には川内さんのリーフを渡してもらいました。ひとり、「共産党はいいわ(いや)」と言われたおばさんがおられましたが、そのほかは、暖かい感じで「頑張って」と言って通って行かれる方もおられました。

 夕方は、杉浦市議と市民病院の保育所を訪問。今年度から(株)コティーというところに委託契約になり、週1回ですが、24時間保育が行われるようになりました。現在10人が登録、常時利用が5人と言うことでしたが、部屋も改装されて明るくなり、お迎えに来られたお母さんも安心して預けておられるようでした。大津市では保育所の待機児童が4月の時点でもう96名いると言うことです。こうした院内保育所が充実すれば、待機児童に解消にも一役買うのではと。今日初めて1人お泊まりされるので、3人の保育士さんで対応されるとお聞きしました。一時預かりや、夜間のみというニーズにも対応されるそうです。保護者の方が安心して働ける環境作り、大切です。
2008.05.15 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 解散総選挙がちかずいてきます・・・宣伝を市議団でも力を入れて取り組もうと。議会が近づき、準備にも忙しいのですが、「はみがき」みたいに、短時間でも毎日の日課に入れられたらと思います。私は「はみがき」と、例えたのですが、Iさんは「トイレ」のように・・・と言われて・・・・ (。☉౪ ⊙。)
 明日は、後援会の方に運転手してもらい、あめあがり?の午後から、明後日は、午前中ふしき県議と宣伝に出ます。後期高齢者廃止・撤回の昇りやプラスターもあるし、民主党との違いがうまく伝えられるように、にぎやかに宣伝してきます!
2008.05.13 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 共産党幹部会副委員長の浜野忠夫さんが書かれた本が出ました。もともと本を読むは好きなのですが、なかなか読む時間が確保できず、買っても読めず・・・ということで、あまり衝動的に本は買わないようにしていたのですが、やはり独学が足りないと反省 (。☉౪ ⊙。) 八木市議からの、「読みやすいよぉ~」との言葉に、それならと読み始めました。まだ読み始めたばかりですが、いきなり

「質量ともに強大な日本共産党を建設することは、わが党の前途にとって重要であるだけでなく、日本の進路と国民の利益にとって決定的な条件になる・・・このことなしに、日本革命を為し遂げることはできない」

なんて文が出てきて、感動。綱領に書いてあるのですが、改めて読むと、いいものです。

  
2008.05.13 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 大津の福祉について、そんな大層なものではないのですが、課題をあげてみると、介護問題についても、障害者自立支援法についても、後期高齢者問題についてももとを辿れば、国の政治の矛盾に突き当たるのです。だから、こりゃダメだぁ~ではなく、国へ向けて働きかけることも大切やし、そこが正されるまで、せめて?自治体でのちからで改善できるところを要望していかねばと思います。総選挙は、サミットの後?テレビのニュースでもそんなことになっていますが、皆さんと、お話ししていても、いつ選挙?と聞かれることが多くなりました。今度の選挙こそ、共産党の出番です。
2008.05.12 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 高谷清先生からこの署名に協力してほしいとメールが届きました。紹介したいと思います。以下転送です。


   「人体の不思議展」青森展の中止を求める要望書への緊急署名のお願い

 「人体の不思議展」は、実物の人間の死体を標本として一般公開している営利的展示です。これまでの展示会場には、模型ではなく本物の人体を樹脂加工した標本が展示されています。その中には人体をプレート状に水平にスライスしたものや、わざわざ弓を持たせてポーズをとらせているものもあります。さらには人体標本に触るコーナーまでありました。この展示の問題は、下記の点にあります。

◆死体が興味本位の見世物になっています。すべての人は、死後遺体となっても人間としての尊厳が守られなければなりません。遺体に対しては、最大限の丁重な扱いをするのが当然です。しかし、この展示は興味本位の見世物になっています。

◆インフォームド・コンセントを経た献体ではない可能性があります。仮に献体同意書が存在するとしても、果たして上記の扱いを受けることまで納得していたのか、たいへん疑わしいです。

◆展示されている標本は、すべて中国人のものです。仮に日本の国民が医学教育用に献体の意思を示しても、このような標本化と展示商品化をなされることは、日本の現行法「死体解剖保存法」の制約によって実質的に不可能です。

◆子どもにとって特に有害です。大人は、子どもに対して遺体を上記のごとく扱ってはいけないことを教えるべき存在でしょう。なおかつ標本とその解説は、教育的どころか、学術的にも低劣と言わざるをえない内容です。

◆死体が金儲けの道具になっています。展示は、一般市民から高額の入場料を徴収しており、第1回の東京展は、売上高8億円・利益1億円でした(『週刊東洋経済』2004年10月23日)。死体を商品化すると無償の行為としての献体が成り立たなくなってしまいます。

◆主催の新聞社・テレビ会社、後援の自治体・教育委員会・医師会などは説明責任を果たしていません。
「人体の不思議展」に疑問をもつ会はすべての主催・後援団体に公開質問状を送付しました。しかし、回答期限がきても1通の回答もありません。正当性があると考えるなら、なぜきちんと説明しないのでしょうか?

以上のように問題の大きいこの展示に対して、中央の日本医師会・日本医学会・日本看護協会等は、以前行っていた後援を取り止めました。この展示に協力することは、献体希望者の信頼を得ることと矛盾するからです。
また、「Body Worlds」と称して世界各地で開催されている同様の展示に対しても、宗教界・医学界・教育界をあげての反対活動が活溌になっています。
ドイツ病理学会は。「解剖学的標本は尊厳を以て扱わなくてはならないし、商業的なものであってはならない」と声明を出しました。国際解剖学会も非難声明を出しています。

以上のような趣旨から、私たちは「人体の不思議展」に反対し、その開催予定地・青森での展示の中止を要望します。どうか、「緊急署名」に御協力下さい。多くの市民の声を集結し、死体の商品化に歯止めをかけましょう。

詳しい情報は、「人体の不思議展」に疑問をもつ会のWebサイトを御覧下さい。http://sky.geocities.jp/jbpsg355/


        STOP!「人体の不思議展」
      「人体の不思議展」青森展の中止を求める要望書
「人体の不思議展」実行委員会
東奥日報社 代表取締役社長 塩越隆雄 様
青森放送   代表取締役社長 石田 稔 様

 私たちは、本物の人間の死体を標本として展示興行する「人体の不思議展」に反対します。死体の商品化は、人間の尊厳を冒涜する行為です。貴実行委員会が、速やかに「人体の不思議展」を中止することを、強く要望します。

    氏   名     住     所






1. 年齢にかかわらず署名できます。
2.ご家族で署名される場合の住所は「〃」で略さずに、すべてご記入ください。
3.署名用紙は可能な限り空欄のないようにお願いできれば幸いです。
4.この署名用紙はコピーして、多くの方に広めていただければ幸いです。
[呼びかけ人および呼びかけ団体]
莇昭三(医師)・一戸富士雄(歴史研究者)・刈田啓史郎(東北大学元教授)・香山雪彦(福島県立医科大学教授・同大志らぎく会会員)・川口敏郎(弁護士)・興野儀一(医師)・後藤宣代(NPO法人コモンズ理事)・佐々木泉(愛媛県議会議員 愛媛大学白菊会会員)・末永恵子(福島県立医科大学講師)・富永智津子(宮城学院女子大学教授)・藤野美都子(福島県立医科大学教授)・村口至(医師)・山形孝夫(宗教人類学者)(あいうえお順、2008年5月2日現在)
連絡・送付先 〒960-1295 福島市光が丘1 福島県立医科大学 医学部人間科学講座(末永)                       E-mail:suenaga@fmu.ac.jp
第一次集約 2008年5月20日(署名は、他県での開催も含め、「人体の不思議展」を中止するまで継続します。
したがって、いただいた署名は全国的な中止運動のために活かすことになります。)
2008.05.11 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 昨日は朝から雨。川内県書記長・ふしき県議・長等後援会の方と一緒に長等商店街西友前で後期高齢者医療制度中止を求める署名活動を行いました。商店街を通行される方は、多くがお年寄りのかたです。声を掛けると立ち止まって、かなりの方が署名に応じてくださいました。高齢の方は「私ら分かりませんねん」といわれる方もおられるのですが、まさにこの制度は、わが身に降りかかっているという感じで次々と署名してくださり1時間で67筆。すごいなぁ~午後から予定があり、1時間で終わりましたが、ずっとずっとしていたい気持ちになりました。「目が見えにくいし、言うから書いといて」と言われた方、「うちの親もそうですからよく知ってます」と40代の男性。音楽聞きながら歩いてこられた20代(多分?)の女性は、進んで署名しに来られました。多くのかたが怒りをもたれていることがよく分かりました。この声に応えられるような動きを私たちもしなくては・・・

 午後からは議会に向けて論点整理。ホンマに」頭痛がしてきましたぁ~
 夜はふしき県議と一緒にニュース作り。ふしきさんの頭は今、後期高齢者医療制度でいっぱいです。この前までは、農業自給率のことで一生懸命で・・・かなり凝り性なのは私も同じかな (。☉౪ ⊙。)
2008.05.11 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 なかなかパソコンを使いこなすことができません。色々触ってみてああでもない、こうでもないと、いじくってみたいのですが、絶対的に時間が足りない。けっきょく、あれ?うまくいかへんな~と言うことで、人にお願いしてしまう。この数ヶ月で、ちょっと頑張ってみようかなと思っています。
 今日は午前中相談、午後からそれを引きずっての連絡や、明日の署名行動の段取りなどしていると、結局明日までに用意しなくてはならない原稿にほとんど手がつけられず・・・今夜は徹夜かな?と言いつついつの間にか寝てしまうのですがね(^_^;)
2008.05.09 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 昨日は、ブログをうちながら寝てしまって、多分娘がパソコンの電源を切ってくれたのでしょう。でも、書きかけていた文章が消えてしまい、はてさて眠りながら何を書いていたのやら・・・
 昨日は、議会運営委員会。今年度の常任委員会や、特別委員会という専門分野の会派別の人数などが決められました。昨年、私は、教育厚生委員会と、交通対策特別委員会でした。今年度はどこを希望しようかな。(希望どおりになるとは限りませんが)
 6月議会は、2日から開会、9.10日が質疑・一般質問日です。一度傍聴に来てくださいね。予約もいらないし、気軽に来られるのです。今年からインターネット中継も始まるので、それでもどうぞ。
2008.05.09 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 きょうから家族みんな学校・作業所・仕事へといつもの生活スタイルに。こんなこと言ってたら怒られるのですが、自分だけが休みなのはいいのですが、家族中休みだと、家族に振り回されて、自分の時間が持てなくなり、反対にストレスがたまってしまいます。思い切って遠出しないと、仕事が気になって結局休めないのです。
 今日は、大津京駅の朝の宣伝で、先週であった派遣看護師さんが、声を掛けてきてくださいました。「今日はJAの健康診断に行くの。2時間だけよ・・。」と言いつつ仕事に行かれました。厳しい労働実態です。
 午前中は、市役所で地域要望についての問い合わせなどし、午後からは、障害者関係の方と懇談しました。大津方式をはじめとし、全国に誇れる就学前の大津市の障害児施策ですが、これが今、県の補助金削減や、ノーマライゼーションのはき違えで、大きく崩されようとしている実態を危惧されていました。どんなことがあっても大津の障害児施策を後退させてはなりません。夜は会議の後、明日の朝にまくビラを取りに行ったりして、帰宅は11時15分。持ち帰り仕事も山積み。でもこの生活の方が私には似合ってるかな。
2008.05.08 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
休もうと思うのですが、思いきって遠くに出かけないとなかなかそんな気になれないものです。今日は雨が降るという予報だったので、家の片付けと、衣替えでいちにちがおわりそうです。雨が降るまでに後期高齢者のビラをまこうと息子を連れて出かけましたが、あともう少しというところで雨に降られドボドボになりました(-_-;)今日は地域のお祭りのところも多く、雨が降ったりやんだりで大変そうでした。さて、明日はどうしようかなぁ?
仕事で腕を痛めたと言われていた読者さんに電話したら少しずつよくなってるとのこと。ホッとしました。
2008.05.05 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 昨日5月3日は、61回目の憲法記念日。午前中、塚本市議と宣伝に出ました。
 自衛隊のイラク派兵に対して真正面から憲法違反という判決が下りました。画期的と言われますが、当然ですよね。
 9条もさることながら、後期高齢者問題では、憲法25条「すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」に、違反してる! 違法派遣など今の悲惨な労働条件の問題は、憲法27条「すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負う。賃金・就労時間・休息その他の勤労条件に関する基準は法律で、これを定める」に違反してる!こうしてみてみると、障害者自立支援法の問題についても・・・今の政治の矛盾は、憲法の条項が守られていないからなのだということが鮮明になってきます。
 こうして見ると、日本国憲法は、「世界に誇る平和憲法」。もっと憲法を知り、憲法をくらしに結びつけて、憲法の大切さを伝えていかなければと・・・憲法をじっくり読んで学習しないと・・・(反省(^_^;))

 午後からは、滋賀会館で、澤地久枝さんを迎えての「滋賀・憲法の集い」に参加。会場いっぱいの1100人が参加。迫力ある語りに、澤地さんの熱い思いがひしひしと伝わり、私たち一人ひとりが澤地さんが言われたように「未来のために大地に種をまく」仕事をしなくては。
2008.05.04 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 道路を駐車場代わりに使っているという苦情をお聞きしました。見に行くと、大きなトラックが道路のフェンス沿いに・・・自家用車も止まっています。ご近所の方にお聞きしてみました。「多い日は、ズラーっと曲がり角まで止まっています。警察に言っても地域での関係が悪くならないようにそちらで解決して欲しい・・とのこと。知っている人もいるのでなかなか強く言えなくて」近くのお家2軒訪ねましたが、両方とも2,3歳の子どもさんがおられ、飛び出されるととても危険です。
 大津市道なので、迷惑駐車禁止の看板を立ててもらえないかと頼みに行きましたが、「モラルの問題。地域で解決してもらえないと、大津市に何でももってこられても対応しきれない。取り締まりは警察に」と冷たい対応。でも、以前看板をつけてもらえたところもあるし・・自治会の方とも相談して現状を伝え、もう少しねばってみよう。そう言ってると、先日警告カードが貼られていたとの連絡有り。金曜の夜に見に行くと、自家用車が1台のみ。さて、ゴールデンウィークどうか、見てこよう。私のゴールデンウィークは、今日からです。さて、丸1日休める日が何日あるかな?ビラ配りもあるし・・・(^_^;)
 他の場所でもいつでもトラック停まってるよナァ~ってとこありますよね。防災面からも危険です。それぞれ自分で規律を守り、注意し会えるようになれるのが一番なのでしょうが、現実は厳しいですね。
 
2008.05.04 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 1日は、ほどよい曇り空。平日のこともあるけど、年々メーデーに参加する人が減っているようで・・・500人って書いてあったなぁ~去年は700人やったかなぁ~でも、メーデーでしか会わない人もいたりなんかして・・・おりひめとひこぼしのよう??それではいけませんね。
 今年のメーデーでは、署名をたくさんの人にお願いしました。県の守山養護学校の大津校舎がなくされる聞きにあると言うことで・・・大津日赤に入院している子どもたちが学ぶ学校です。校舎の借地期限が切れると言うことなのですが・・・ベットサイドの教育は残されても、子どもたちは、友達がいるから勉強できる、仲間とともに成長する・・一番子どもの成長発達に大切なこの視点が抜け落ちるなんて!!たまたま知り合いの方の子どもさんが昨年この校舎でお世話になり、「ぜったいなくしたらあかんねん!!」と訴えられておられます。私も署名集め、頑張ります。是非、ご協力くださいね。

 久しぶりにメーデーでのでも行進に参加。日頃の運動不足を感じます・・・(^_^;)
2008.05.03 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 皆さんもう新聞などでご存じかと思いますが、ついに会計監査に、共産党の森県会議員が選ばれましたね。会派の議席数に応じた役職配分をと言い続けた共産党の主張が認められた結果です。それにしても大津市議会は、県議会のような民主的な議会運営はなかなか・・・。市議会では、日本共産党は、大志会に次ぐ第二会派なのですよ。なのにどの常任委員会の委員長、副委員長もなれないし、議会の質疑・一般質問の順番も、県議会のように、くじで決めればと言ってるのですが、相変わらず事務局で決められてきます。でもこのところ、広報と一緒に送られてくる議会だよりに質問議員の名前が明記されたり、今年度からはインターネット中継が行われます。これらも共産党が言い続けてきたことです。今年度も共産党は、議会の民主的運営についての申し入れを行います。負けずに頑張るぞ (。☉౪ ⊙。)
2008.05.03 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 毎日書き込もうと思いながら・・・頑張ります(^^;)

 昨年から、ふしき県議と一緒に、「大津市にも専用のスケートボードパークを!」と願う方たちと一緒に市長と懇談したり、署名行動を行ってきました。先日、担当課から「他にも同じ趣旨の団体が出てこられたので、大津市として援助する(体育協会に入る)のにも窓口を一つにしてもらえないだろうか」と相談がありました。人数は力なり。思いが合えば・・・と連絡をとってもらうように頼みました。どうなったかなぁ~ 自分たちの要求を実現するには、地域の人たちに活動を認めてもらわなくてはなりません。そのために地域で、直接自分たちの活動に関係ないことにも協力しつつ自分らの居場所を確保しなくてはならないことも出てくるでしょう。学生の中には「そこまでできないや」と言う声も聞こえてくるのですが、そこはうんと踏ん張って、専用のスケボーパーク実現のために頑張って欲しいものです(✿◕ฺ∀◕ฺ)人(◕ฺ∀◕✿ฺ)
2008.05.03 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。