上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
~13日滋賀会館前で緊急昼休みデモ~
 自民・公明の両党は13日、衆院本会議で、海上自衛隊をインド洋に再派兵する新テロ特措法案を強行採決しました。日本共産党大津市会議員団は、国民の審判や願いを無視したこの動きに強く抗議し、労組・民主団体・市民とともにデモ行進を行いました。
 インド洋での海上自衛隊の給油活動は、アメリカが始めたアフガニスタンへの「報復戦争」を支援するためのものです。そして報復戦争ではテロがなくせないことが明らかになりました。憲法9条に違反した強行採決は、絶対に許せません。日本共産党は、新テロ特措法を廃案にするために国民の皆さんと力を合わせ、全力を尽くします。
スポンサーサイト
2007.11.13 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 秋は、地域での行事や学習会など多く、時間の許す限り出席しようと思っているのですがうまくいかないときも…今日の私の行動は
  9:30 事務所に高机など積みに行く(署名行動の準備)
 10:30 下龍華での会議に→特別支援教育の話など聞く
 11:30 坂本児童クラブの秋祭りに参加
 12:30 滋賀学区での会議に→手作りの煮豆やサラダごちそうに
 13:30 革新懇の会議に出席→国保料が払えず、保険証を取られて病院
       に行けず、手遅れになって亡くなられた方の話しや、障害者施       設の赤字経営の話し、学校現場の実態、学校給食の必要性など       内容の濃い話しでした
 15:00 パルコ前で「大津にスケートボードを作ろう会」の署名行動を       手伝う→やはり、若者が多く署名してくれ、1時間半で58筆       集まる。
 19:00 寺町商店街の活性化を考える集会にふしき県会議員と参加→ア       ーケードは、老朽化しており、安全面からも撤去の方向で
 22:00 ただいまぁ~
       今日の話しや資料の整理。12月議会の質問準備
       
 行くところすべて、課題がいっぱい見えてきます。身体がいくつあっても足りないなぁ~。・゚・(ノД`)・゚・。ウワァァン  
  
2007.11.10 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今日は昼から、県庁前で、滋賀県年金者組合の皆さんが、「年金者一揆」を行われるとのこと、私も参加してきました。当たり前ですよね~この間の政府のお年よりいじめは、ひどいものです。年金は下がるし、税金は上がる。その上、今度は後期高齢者医療制度という制度を作り、75歳以上のすべてのお年寄りから保険料を取り立てる、それも年金がつき1万5千円以上の人は年金から天引きでです。保険料が払えないと、保険証を取り上げられ、診察内容にも制限がでてくる・・こんな制度、誰が考えてもおかしい!なのに市議会では、この制度の中止撤回を求める共産党の意見書に他のすべての会派は反対をするのですから「もう何を考えてるの!」と私たちは言いたいです。
 今日も「もっとこの制度の中身を沢山の人に知ってもらい、大きな世論にしていこう!」「年寄りも口だけではあかん!足も動かしてがんばろう」「一揆だから命をかけてでも頑張りぬくぞ」と発言されていました。
 リレートークが終わった後は、30分ほど県庁周りをデモ行進。元気をもらいました。
2007.11.08 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 一体今の政治はどうなってるんでしょう?大連立かなんだか分かりませんが、民主党内を混乱させたおわびをする前に、国民を混乱させてる責任はどう取ってくれるのですか?
 ちょうどタイムリーというのか、昨夜は、滋賀市民センターで「日本共産党とご一緒に・・今の新しい政治を考えるつどい」を開き、約85人なかたが、きてくださいました。県会議員のふしきさん、弁護士の吉原稔さん、そして今度の衆議院近畿ブロック比例代表予定候補の宮本たけしさんが来られ、いまの国政、そして新幹線新駅中止とダムに関する2つの勝利裁判についてのお話しを聞くことが出来ました。質問時間もどんどん手が上がり、皆さんの関心の深さを感じることが出来ました。安倍かた福田に代わったのは、産経新聞から読売新聞に代わったようなもの。靖国派といわれる安倍さんよりソフトな切り口になったので、自民と民主の違いが分かりにくくなったと。ホント、そう思います。「いまこそ共産党が打って出る時です。皆さんご一緒に政治を変えていきましょう」と、大きく入党の訴えもされました。今の庶民いじめの政治、日本を戦争出来る国にしようとする政治を何としても代えたいと思う皆さん、一緒にがんばりましょう。
2007.11.06 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 昨日は朝は、唐崎で議員研修、午後からは、県庁前で「障害のある人の命と暮らしを守る・障害者自立支援法、応益負担ストップ!11・2滋賀県民集会」に参加してきました。以前の職場「ステップ広場ガル」からも利用者の保護者の片がたくさん来ておられ、久しぶりに色んな話しをしたり聞いたりしてきました。川端の代理、上野の代理・・と、他党の方も来ておられ「応益負担をなくすように」なんてメッセージを読み上げておられましたが、「この法律、通したのは誰やねん!」「9月議会で、共産党の提出した『障害者自立支援法の応益負担の撤回と安定した施設運営費の確保を求める意見書』に反対したのは誰やねん!」と、怒りフツフツ・・。嘉田知事のおられる3階の窓が開いていて、そっちに向かって、みんなで約350名、「障害があることを私たちの責任にしないで下さい!」「法律を私たち抜きで決めないで!」「応益負担反対!」「職員の給料を上げて!」と、声を上げて訴えてきました。滋賀県は財源不足だと来年度予算は大幅カットです。共同作業所や地域活動センターの制度廃止など、障害者施策の大幅な削減が行われようとしています。このままだと障害のある人の命・暮らしにかかわる施策までもが削減されてしまいます。しかし私たちの粘り強い運動により、現在国会で障害者自立支援法の改正法案が提出され、抜本的見直しに向けて審議が始まろうとしています。滋賀県でも世論の運動により、10月31日をもって新幹線新駅の建設が中止になりました。11月2日のはテロ特措法の期限切れにより、インド洋で米軍艦船などに給油活動をしてきた海上自衛隊の艦隊が撤収されました。これも国民の世論と運動による者です。今、私たちの声が政治を動かしてきています。正しいことは必ず勝つ。そう信じて私たちは幅広い多くの皆さんと手を取りあい、障害者やその家族が安心して生活できる世の中にするため行動していきましょう。
2007.11.03 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。