上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
学童保育の指導員をしていた頃、一番心をくだいたのは高学年の女の子。思春期にさしかかり、心が揺れ動く時期です。友人の娘Aちゃんも今、思春期まっさかり。Aちゃんはいじめっ子の子分。同じクラスのBちゃんをいじめているみたい。先日、友人と歩いていると道でBちゃんのお母さんと出会いました。「このごろどう?」「だめみたいよ。なにかあると、みんなB子のせいだといわれてるわ」「ごめんね。一緒になってBちゃんに嫌な思いさせてるのね」「ううん、もう気にするなといってるけどね。

次につづく
スポンサーサイト
2007.02.25 Sun l つぶやき l コメント (0) トラックバック (0) l top
どうも先日徒競争でBがAちゃんに勝ったのが気に入らなかったようでそれからまたひどくなったみたい。でもAちゃんも友達が減ってきたみたいで隣のクラスに行くのはそのせいらしい。すぐにお母さんが出てきて先生に言うので、子どももそうすればいいと思ってるのよね。私は喧嘩も子ども同士で解決する力をつけたいと思ってるのに。うまくいかないわね。もうじき、みんながBのことわかってくれるよって」すごいお母さんです。第三者から見ればそうだとわかっていることでも、我が子が実際いじめられてるときにこんなことが言えるなんて。


次につづく
2007.02.25 Sun l つぶやき l コメント (0) トラックバック (0) l top
私なら、最後どうにもならない時、親に相談ができるように、そんな親子関係を普段から築いていたいです。我が子はそう思ってくれてるかな?今の子どもたち、競争社会に押し込められているところに今回のいじめの原因もあるように思います。なのに昨年末には教育基本法の改悪を自民、公明党が数の力で強行採決し、四月には全国一斉学力テストが行われます。これではますます競争社会に拍車がかかり、いじめや自殺はなくなるどころかもっと増えていくのではないかと心配しています。子ども達の迷いや不安をうけとめてあげられる大人でいたい
2007.02.25 Sun l つぶやき l コメント (0) トラックバック (0) l top
 児童館の先生と話す機会がありました。私も学童保育の指導員を12年間してきたので、子どもたちと何度も児童館を利用させてもらっていましたが、今回ゆっくりとお話しすることができ、学童保育とは又違った役割や悩みも聞かせていただきました。
 今はたくさんの親子が利用されるようになり、取り組みによっては、人数制限をすることもあるそうです。そして悲しいかな児童館は、来たいときに来るところ、気になる子が来なくなっても、それ以上関わることが出来ないのだと。今、就学前までの子どもさんは、児童館や幼稚園でも親子教室など楽しく過ごせる場所がたくさんあり、活動内容を見て、選べる状態にある。しかし今、小学生の居場所作りの必要性を感じる。学童保育とは違い、来ても来なくても良い場所。だからこそ児童館に来たくなるような地域ならではの取り組みを考えている。
・・・とのことでした。先生方の熱意に感謝し、子どもたちがすくすくと成長していく手助けが出来ればいいなと思います(*^_^*)
2007.02.23 Fri l つぶやき l コメント (0) トラックバック (0) l top
♪なくてはならない人
 毎週火曜日は、市会議員で、県会予定候補であるふしきみちよさんと一緒に大津駅前から訴えをさせてもらっています。「もっと自分を押し出して!」と言われるのですが、自分で自分を褒めることって、なかなか難しいものです。それでふしきさんとお互い、相手の押し出しを「こんなんどう?」と考えています。「…障害者運動や学童保育運動をする中で、自分たちの要求を制度にしようと何度も粘り強く行政へ働きかけ、実現させていく、こんな彼女、石黒かづおは今の大津市政をよくするためにはなくてはならない人です」
 私からは「看護師として18年、暮らしと命を守る仕事をしてきました。その後、大津市会議員として2期8年、その経験を生かして住民の皆さんの要求実現のために頑張ってきた人です。介護用ベットのレンタル料の助成制度が実現できたのも、彼女が中心となり、直接大津市長へビデオを見てもらうなどで訴えてきた結果です。介護や福祉の専門家として彼女はなくてはならない人です。是非彼女を県会へと送り出していただき、皆さんの要求実現のため、頑張らせて下さい」
 こんな感じです(^o^) また素敵な紹介文作ったら教えてくださ~い
2007.02.21 Wed l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
まずは自己紹介からかな。私には21歳の自閉症の息子がいます。それで障害者運動をしつつ、働きながら、3人の子育てをしてきました。障害を持つ子を残し、親が安心して死ねる社会はすべての人たちが安心して暮らせる社会。そのためには今の政治を変えて行かなくてはね。それで今の私の候補者活動があるわけです。詳しいことは追々お知らせしていきますね(*^_^*)

♪「鉛筆1本で政治は変えられる!」
 久しぶりに大先輩の○○さんが一緒に街頭演説に付き合ってくださいました。迫力ある訴えに「私の演説はいらんのとちゃうの~」って感じです(^_^;) でも自民・公明・民主などオール与党を切り込み、人を引きつける話しぶりはさすがです。あんなふうに聞いている人たちを納得させる話術を身に付けたいものですぅ~

♪ピンチヒッターの運転手、ありがとう☆
 急に宣伝カーの運転手を頼んだにもかかわらず、快く引き受けてくれてもらえたおかげで10箇所宣伝に回れました。子どもが小さいときはよく一緒に子育て論議などしたのですが、ここ数年は、ご無沙汰してました。先日、仕事をやめられたと聞き、声を掛けさせてもらったわけです。ほんとにうれしいでした。ありがとうね~
2007.02.20 Tue l かけある記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日から開始です(^^ゞ
2007.02.16 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。