上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 いい天気に恵まれました。息子の作業所は模擬店を出すので、早朝から炊き込みご飯の仕込みに行き、会場で設営準備、開会式に参加したのですが、その後別の行事もあり、会場を後にしました。あとは旦那に引き継ぎ、一日ネギ焼き当番に入ってもらいました。まつりでは、ご無沙汰の人と、出会うことができます。この日も以前坂本児童クラブの指導員をしていたときの保護者と出会い、今は子どもも高校を出て就職し、頑張っている話をお聞きし、嬉しくなりました。大津っ子まつりでの楽しい思い出がいつまでも心に残ればいいな。

     佐々木、黄野瀬議員と
    maturi.jpg
スポンサーサイト
2011.05.16 Mon l つぶやき l コメント (1) トラックバック (0) l top
 子どもが小さい頃や、学童の指導員をしている時は、母の日、父の日など行事に敏感でしたがこのところ、そのことを指摘する人もいなくて、忙しさに紛れて誕生日くらいしか「晴れの日」の行事をしなくなりました。でも子どもが成人になってから、私が子どもにしていたことから、されることがでてきました。今年の母の日は、長女と二女が、カーネーションとブラウス、ケーキをプレゼントしてくれました。なのに、忙しく夕方に帰ってきた私は、カーネーションがテーブルの飾ってあるのにかばんをおいて、その横を素通りし、慌てて夕食の準備に取りかかろうとしたので、娘から「しかと?」といわれ、初めてカーネーションに気づいたのでした。気持ちに余裕がないと反省です。この日は夜にはゆっくりと子どもたちと雑談、ダイエットしようとみんなで言いつつケーキをほおばっていたのでした。

 選挙で母の顔もなかなか見に行けず、今日は必ずと思っています
ケーキ
2011.05.10 Tue l つぶやき l コメント (0) トラックバック (0) l top
我が家にある乗り物は、車1台、バイク1台、自転車2台。これを5人で取り合っています。大概は私が車に乗っているのですが、土日は主人が障害のある息子とドライブや買い物をするために車を譲って、私はバイクで・・と言うことが多いのですが、昨日は娘がバイクで出かけたので私は自転車に。運動不足にはもってこいなのですが、荷物が多い私にとっては不便で、最小限の荷物にしています。坂道は大変ですが、自転車で走っていると、たくさんの知り合いの方とお会いします。ご無沙汰している方の家のそばを通るとどうされておられるのか少し寄りたくなります。バイクや車のより時間もかかり、時間単位で動いているとついつい自転車は敬遠されがちですが、できるだけこれからの季節、健康のためにも乗りたいと思います。

 今日は、午前中は、メーデーに参加。久しぶりの方ともお会いでき、元気づけられました。被災地支援を全面に掲げて開催されたメーデー。医療・介護現場からの現地支援の報告もされました。激務のナースが少しでも休息がとれるようにと応援に駆けつけたという報告、こうした現状だからこそ賃金アップの要求も掲げて頑張ろうと。デモ行進までなんとか雨が持ってよかったです。
2011.05.01 Sun l つぶやき l コメント (1) トラックバック (0) l top
 本年もどうぞよろしくお願いします。年末は、1年間のお礼に回りつつ、新聞購読のおすすめにも回っていました。31日は、大雪で車のタイヤを慌てて変えに行ったのですが、結局仕事も買い物もあまりできず、家で大掃除に励むことになりました。

 むすめが大きな雪だるまを作りました。通りがかりの人が、びっくりしたりほほえんだり・・・と、雪だるまって人の気持ちを気持ちを和ませてくれます。
 
 夜はだんなが紅白歌合戦を見ていたのですが、暖房もつけず、寒さに震えている人もいる現実に直面していると、贅沢な衣装や舞台演出が、楽しめなくなってきた自分がいます。今年こそは、安心して暮らせる社会へと思いをはせて。

 1日は、大雪で宣伝は中止。ちょっとがっかりです。お墓参りに行って、夜はいとこが来て、一緒に鍋をつつきました。休み中に本も読みたいし、やりたいこといっぱいあるのですが、たぶん消化不良で終わりそうです(笑雪だるま

2011.01.02 Sun l つぶやき l コメント (0) トラックバック (0) l top
 一昨日医師会との懇談で地域医療について考えさせられたところですが・・・

 昨日は義父の兄の告別式でした。97歳でした。この夏の暑さで体調を崩し入院、体力がないためそのまま老衰と言うことでした。告別式では普段なかなか会えない親戚、いとことも会うことができ、何十年ぶりやろ!と、話が弾み??
 榛原の里でお世話になっている義母も連れて行きましたが、外出すると、いつもトイレ介助がなかなか大変です。スペースが狭いと身動きがとれません。こういった葬儀場は、特に高齢者の方も多く来られるので、配慮してほしいな~と思いました。義母だけでなく、介助が必要な方が多く、私は1日ヘルパーのようでした。社会全体でこれからどんどん進んでいく高齢者社会についてもっと真剣に考えなくては・・・といつも母の面倒を見てくれている義弟と話をしながら帰途につきました。
2010.10.29 Fri l つぶやき l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。