上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
市長選挙が終わりました。昨夜は自分の選挙かと思うほど、家に帰ってからたくさんの電話をいただきました。悔しい~って言う人、これをステップに頑張ろなぁ~って人、酔っぱらって仲間の頑張りを話してるうちに号泣する人…たった一週間の間に様々なドラマがありました。健闘をみんなでたたえあいたいと思います。打ち合わせがうまくいかず激怒したり、帰路につくとき、眠くて途中で車を止めたり、風呂にも入らず寝てしまう日もあったけど、今となってはまた思い出話の種になるかな。さて、私は次の議会でどんな質問をしようか?と思いをはせながら、今日明日と行政視察にいってきます。今、新幹線の中。まずは大和市へ。公共交通のあり方についてです。
スポンサーサイト
2012.01.23 Mon l 未分類 l コメント (1) トラックバック (0) l top
ブログだけでいいかと思ってましたが、ひがし先生が「楽しいですよ~!」ってはまってはるので、まあ、同い年の私にしては、張り合わなくちゃ~(^^ゞ なんて。
gurorin_jcpです。続くかなあ…
2011.12.29 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 聞き取り調査がおわってから日が暮れるまでの間に、地震で断層がずれて家が傾いたり、道が陥没している井戸沢というところを地元の方に案内してもらいました。断層の上に建っていた家は、大きく傾いたりひどいところは崩壊状態でした。道は正断層と言って東にひっぱられ、私の身長ほどの段差になっていました。ずれた断層上の田んぼは段々畑みたいになったり、下がった方にみずがたまり、池のようになっていました。30分とかかけてずれていったそうですがその瞬間はどんなだったろうと思うと自然の怖さをしみじみかんじました。

  写真は断層がひっぱられ、段差になってしまった道です。

      3人2㍍落ちた道6

2011.07.07 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 家の罹災状況は外からではわからないなあと感じました。大丈夫そうに見えても家の中が傾いていたり、少しの被害だからと自分達で補助をもらわず負担大になっておられる方達も少なくありません。また、大規模半壊でも自己負担が出せなくていつ工事ができるかわからないという声も聞きました。

 また、介護者を抱えておられ、家を建て替えざるを得ない方のお話では、市へ建て替えの間、一時的に住まいを頼んだが市営住宅は「階上でないとあいていない」と言われた。介護者がいるけど抽選で落ちたら困るし、上の階でも仕方ない。ペットもその間飼えないので預かってもらわないと。仮設住宅は、近くの場所は、「原発の避難者が優先だ」と言われた。「遠くだととても無理。この間仕事(理髪店)もほとんどゼロに近い。営業や住まいの保障を何とかしてほしい」と。切実な要望です。

 一人暮らしの病弱な女性の方は、「家の中の家具や散らばったものがほとんど片付けられていない。罹災証明も昨日やっといつも頼んでいる工務店さんが来てしてくれた」と言われていました。末端まで手が届いていません。もう4ヶ月経つというのに。

    断層で崩壊した家屋4

2011.07.07 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 午前中はお店をされているところにも営業状態など聞かせてもらいました。畳屋さんや工務店のかたは「修繕などで仕事が増えてきたものの、材料費が高くなった。でもその分をお客さんからもらうわけにはいかない。みんな、大変な中だから何とかしてと言われると…自腹をきらざるをえない。街の零細業者の経営支援をしてほしい。」

 被害の少ないお家は、もっと大変なところもあるんだからと、修理も自分達でして、罹災証明も申請されてないお家もありました。

 また、いつ余震が来てつぶれるか・・と怖くて非難所にいったけどいっぱいの人で、まだ私ところは住めるし…と家に戻ってきたといわれていました。

 原発はやはり怖いけど引っ越しもできないし、どうしようもないと若いお母さん。原発事故の早期収束を求める署名に家族中の名前を書いてくれました。

 鮫川の組合の総務をしている方は「昨日弁護士さんの力も借りて、13の漁協組合と一緒に、市に対して、内水面の補償の申し入れをしてきた」と話をしてくださって、そのことが載っている今朝の新聞記事を見せてくださいました。「大きいところだけでなく、漁協組合は今、本当にお金がない。なのに義務放流させて、毎週川の線量を調べろと。農水省のいじめとしか思えない。県は魚を買い取るというが、金にならない。鮎とりで賑わう今の時期なのにほとんど人が来ない。」切実な声をお聞きました。


 選挙事務所の前に、放射線量の書かれた立て看板ができました。

     事務所前・放射線量提示板


   
2011.07.06 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。